• HOME > 会社情報 > 会社沿革

会社沿革

1967年 株式会社 管理工学研究所を設立
1968年 マクロアセンブラ、FORTRAN コンパイラなどを開発
1969-1973年 RCA社の純電子式写植機 VideoComp による日本語組版システムを開発
1973年 大型機用 COBOL コンパイラの基本設計
1974年以降 基本ソフト、電子組版、情報検索などを中心に多くのシステムを受注開発
1979年 「麻布分室」を開設
1981年 金沢市に「北陸分室」を開設
1983年 日本語ワードプロセッサ「松」を発売
1984年 「松」日経最優秀賞を受賞
1986年 リレーショナルデータベースソフト「桐」を発売
1987年 「新松」を発売
1988年 「新松」日経新製品賞を受賞
1989年 電子編集組版システム「SMI/EDIAN」を発売
(開発:管理工学研究所、販売:住友金属工業)
1990年 「桐ver.3」を発売
1991年 「恵比寿分室」を開設
「松ver.5」を発売
「桐ver.3」日経BP社の91読者が選ぶベストソフト賞を受賞
1992年 「桐ver.4」を発売
「松ver.6」を発売
1993年 「桐ver.5」を発売
1994年 「恵比寿分室」から「目黒分室」へ拡充移転
1995年 NEC EWS4800版「SUPER DIGITORIAL」を発売
1996年 Windows NT/95版「SMI/EDIAN PLUS」を発売
Windows NT/95版「PUBLISH MATE」を発売
IPA「創造的ソフトウェア育成事業」に参加
1997年 「桐ver.6 for Windows」を発売
ワープロソフト「松風」配布開始
日本語かな漢字変換システム「松茸」配布開始
1998年 北陸分室「福井オフィス」を開設
1999年 「桐ver.8」を発売
2000年 Symbian Competence Center および Symbian Training Partner の認定取得
2001年 北陸分室「金沢オフィス」を金沢市尾山町に拡充移転
2002年 Symbian Platinum Partner の認定取得
経済産業省システムインテグレータ登録
「桐ver9」を発売
2003年 Nokia Series 60 Contractorの認定取得
「桐9-2004」を発売
2004年 「桐9-2005」を発売
2005年 精神科病院向け総合医療情報システム「Raporte」を発売
学校業務支援システム「HEURiS」を発売
「桐9-2006」を発売
2006年 Webアノテーションサービス「Notea」の開発開始
「XDS地域医療連携システム」の開発開始
2007年 「桐9-2007」を発売
2008年 NOKIA端末用日本語表示プラグイン「+J for S60」を発売
「+J for S60」が「平成20年度 金沢ブランド優秀新製品」に認定
「桐9-2009」を発売
2009年 「mobileESCORT Version1.0」を発売
2010年 北陸分室「金沢オフィス」を金沢市本町に移転
2011年 「桐9-2012」を発売
2012年 「時間割作成ソフトYELL(エール)」を発売
2013年 「時間割作成ソフトYELL(エール)」が「平成24年度 金沢ブランド優秀新製品」に認定
「時間割作成ソフトYELL(エール)」が「平成25年度 石川ブランド製品」に認定
「桐9s」を発売
2014年 「桐10」を発売