ホーム > 製品・サービス/校務支援システム > 詳細

 

既存のデータも有効活用

今までの運用や使い慣れたツールを変更することに抵抗を感じ、統一されたシステムを導入しても、なかなか使われないことがあります。
「HEURiS校務支援システム」では、試験の素点や授業の出欠など、今まで使われていた表計算ソフトを使用することも可能です。 一旦、CSV形式で入力の雛形となるデータを書き出し、表計算ソフトを使用して入力したあと、そのデータをシステムに読み込むことができます。表計算ソフトにて加工して利用できるので、これまでのデータが無駄になりません。

「素点入力」画面  入力の枠をExcelの形式で書き出し、Excelで入力したデータを再び読み込むことができます。

 

 

 

前のページへ戻る