日本語データベースシステム 桐のサイト

桐9シリーズをお使いのお客様へ

データの移行について

桐9と桐10の関係

JIS第3、第4水準(およびUNICODE)に対応するためにファイルの形式を変更しました。
(ここでは、桐10で作成するファイルの形式を「桐10形式」、桐9で作成するファイルの形式を「桐9形式」と呼びます。)

桐10/桐9において、それぞれのファイル形式は以下のような扱いになります。

表1 使用可能な組み合わせ一覧
  桐10形式のファイル 桐9形式のファイル
桐10 すべての機能が使用できます。 桐9形式のまま編集を含む操作を行い、保存することができます。
ただし、共有で開くことはできません。
桐9 × 使用できません。 すべての機能が使用できます。

Q. 桐10で桐9のデータのまま使い続けられますか?

そのまま開いて編集することができます。フォームやレポートなどもそのまま使うことができます。
ただし、表1のとおり、桐9形式のままでは共有機能を使用することができません。
また、表を開く/閉じる際に変換処理が行われるため、桐10形式のファイルを使用する場合にくらべて開始時/終了時に速度が低下します。
なにより重要なことは、桐9形式のファイルにはJIS第3、第4水準(およびUNICODE)のデータを保存することができません。
桐10形式に移行することをお勧めします。

  • 桐9のデータをそのまま使った場合の制限は、「桐10 移行ガイド」のこちらをご参照ください。

Q. 桐10形式に移行するには、どうすればよいですか?

「桐コンバータ」をご利用ください。
桐9形式のファイルが保存されているフォルダーを指定するだけで簡単に桐10形式に変換することができます。
変換後、桐9形式のファイルはバックアップフォルダーに保存されます。

  • 「桐コンバータ」の使用方法に関しては、「桐10 移行ガイド」のこちらをご参照ください。

注意点

  • 桐10用のデータフォルダーと桐9のデータフォルダーは分けてご利用ください。同じフォルダーに桐10形式のファイルと桐9形式のファイルが混在すると誤動作のもとになります。
  • 桐10形式から桐9形式への逆変換はサポートされておりません。
ライセンスについて

桐9は引き続きご利用いただけます

販売店でお求めいただけるパッケージ商品、桐プレミアムクラブで販売している『桐10 プレミアムクラブ優待版』、そのどちらも新規に桐10のライセンスを提供する商品です。 これら商品をインストールしても桐9のライセンスは失効いたしません。
ライセンスをお持ちであれば、桐10と桐9をひとつのPCにインストールして使い分けていただくことも可能です。

移行のポイント

ファイルの拡張子が変わりました

桐10と桐9の一番の違いは、ファイルの「拡張子」が変わったことです。
桐9形式のファイルは桐10には関連付けしません。
これにより、桐10と桐9は1台のPCで共存して使用することができます。

  • ファイルの「拡張子」に関しては、「桐10 移行ガイド」のこちらをご参照ください。

Q. ファイルの拡張子は書き換えなければならないの?

表引きなどで設定されている表ファイル名の拡張子は、「桐コンバータ」では書き換えません。
ただし、桐10では「拡張子を読み替える」ことで、ファイル名を変えなくてもそのままご利用いただけます。

  • 「拡張子」の読み替えに関しては、「桐10 移行ガイド」のこちらをご参照ください。

「移行ガイド」をご参照ください

移行に関しては、「桐10 移行ガイド」に詳しい説明があります。
まずは「移行ガイド」をご一読ください。


桐9から桐10への移行に関するFAQ

Q1 桐9から桐10への移行に関する資料などはありますか?
Q2 桐10をインストールしたら桐9のファイルが消えてしまいました。
Q3 桐9から桐10にファイルを移行するための簡単な手順を教えてください。
Q4 桐9のファイルをダブルクリックしても、桐が起動しません。アイコンも白くなっています。
Q5 「桐コンバータ」を使用しても、桐9のファイルが変換されずに残っています。

 

Q1 桐9から桐10への移行に関する資料などはありますか?

まずは「移行ガイド」をご参照ください。
「移行ガイド」は以下の手順で表示できます。

●オンラインの場合
  こちらをクリックしてください。

●オフラインの場合

  1. 「各種ご案内」を表示します。

    Windows 8.1/8の場合
    スタート画面に登録されている「各種ご案内」のアイコンをクリックします。
    スタート画面→各種ご案内

    Windows 10/7/Vistaの場合
    Windowsの[スタート]ボタン→[すべてのプログラム]または[プログラム]→[桐 10]→[各種ご案内]をクリックします。
    スタートボタン→各種ご案内

  2. [移行ガイド]をクリックすると、「桐9からの移行に関する案内」が表示されます。
    [各種ご案内]の[移行ガイド]をクリック

以降は画面の説明に従ってください。

FAQのトップへ↑

Q2 桐10をインストールしたら桐9のファイルが消えてしまいました。

桐9のデータフォルダーと桐10のデータフォルダーの「場所が違うため」、見えなくなっているだけです。ファイルがなくなったわけではありません。
それぞれの場所は次の手順で確認できます。

桐9のデータフォルダー

  1. 桐9を起動し[ファイル]メニューから[開く]を選びます。

  2. [ファイルの場所]が桐9のデータフォルダーです。
    桐9のデータフォルダー


桐10のデータフォルダー

  1. 桐10を起動し[ファイル]メニューから[開く]を選びます。

  2. [ファイルの場所]が桐10のデータフォルダーです。
    桐10のデータフォルダー

FAQのトップへ↑

 

Q3 桐9から桐10にファイルを移行するための簡単な手順を教えてください。

あらかじめ、桐9のファイルを桐10形式のファイルに変換してから利用することをお勧めします。
変換のための手順は以下のとおりです。

  1. まず、「Q2 桐10をインストールしたら桐9のファイルが消えてしまいました。」の回答を参照して、 桐9と桐10それぞれの「データフォルダー」を確認します。

  2. エクスプローラーを起動します。
    エクスプローラーアイコン

  3. 「桐9のデータフォルダー」を表示します。
    桐9のデータフォルダー

  4. 桐9のすべてのデータファイルとフォルダーを選択し、コピーします。

    ①[ホーム]タブの[すべて選択]を選びます。
    • Windows 7/Vista の場合は、[編集]メニューから[すべてを選択]を選びます(一度[Alt]キーを押してメニューバーを表示させる必要があります)。
    [ホーム]タブ→[すべてを選択]

    ②[ホーム]タブの「コピー」を選びます
    • Windows 7/Vista の場合は、[編集]メニューから[コピー]を選びます(一度[Alt]キーを押してメニューバーを表示させる必要があります)。
    [ホーム]タブ→[コピー]

  5. 「桐10のデータフォルダー」を表示します。
    桐10のデータフォルダー

  6. [ホーム]タブの[貼り付け]をクリックします。
    • Windows 7/Vista の場合は、[編集]メニューの[貼り付け]を選びます(一度[Alt]キーを押してメニューバーを表示させる必要があります)。
    [ホーム]タブ→[貼り付け]

  7. ファイルがコピーされます。
    桐10のデータフォルダー(コピー後)

  8. 変換ソフト「桐コンバータ」をダブルクリックして起動します。
    次のフォルダーから起動してください。
     64bitWindowsの場合: C:\Program Files(x86)\K3\Kiri10\Info\Shortcut 
     32bitWindowsの場合: C:\Program Files\K3\Kiri10\Info\Shortcut
    [桐コンバータ]アイコンをクリック

  9. 起動すると[桐コンバータ]画面が表示されます。
    […]ボタンをクリックし、「桐10のデータフォルダー」を指定します。
    桐コンバータ画面(設定前)

    フォルダーの参照画面

  10. [変換]ボタンをクリックして、ファイルを変換してください。
    桐コンバータ画面(設定後)

FAQのトップへ↑

 

Q4 桐9のファイルをダブルクリックしても、桐が起動しません。アイコンも白くなってます。

桐10は桐9のファイルを関連付けません。桐10をインストールしたあとに桐9をアンインストールすると、桐9のファイルを関連付けているソフトがなくなってしまいます。
そのため、ダブルクリックしても桐は起動しません。また、アイコンも白くなります。桐10のファイルに変換することをお勧めします。

FAQのトップへ↑

 

Q5 「桐コンバータ」を使用しても、桐9のファイルが変換されずに残っています。

「桐コンバータ」は、桐9形式のファイル以外は変換しません。 このため、桐8(それ以前の桐)で作ったファイルを、桐9で「前の形式のまま」で使用していた場合は、「桐コンバータ」では変換できません。
変換できなかったファイルは、桐9で一度開いて保存してください(桐9形式に変換されます)。その後、もう一度「桐コンバータ」を実行してください。

FAQのトップへ↑

Microsoft、Windows、Excel、Office 365は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。