日本語データベースシステム 桐のサイト

桐10の新機能紹介

「桐10」では、以下の機能を追加・強化しました。

地名・人名を正確に表示・印刷できる -日本語力の拡張-

JIS第3・第4水準に対応
JIS第3・第4水準漢字を完全サポートするために、桐10はUnicodeベースに変わりました。
桐の特長である辞書順による並べ替えなど日本語のための様々な機能はそのままに、常用漢字および人名用漢字がすべて扱えるようになりました。 また、今後新たに文字が追加された場合にも、特別な対応を必要とせずにお使いいただけます。
JIS第3・第4水準漢字を完全サポートするために、桐10はUnicodeベースに変わりました。

JIS漢字コードサポートとUnicodeの関係
JIS漢字コードは日本工業規格(JIS)で定められている漢字などの文字集合です。 JIS第3・第4水準漢字を含む漢字コードは、正確には JIS X 0213といい、制定(改正)された年によって次のように呼ばれています。

・2000年に制定……JIS X 0213:2000(通称「JIS2000」)
・2004年に改正……JIS X 0213:2004(通称「JIS2004」)

桐10がサポートしているのは、JIS X 0213:2004(通称「JIS2004」)です。 JIS X 0213:2004は文字集合なので、実際に用いるにはそれを実現している文字コードであるUnicodeを採用する必要があります。桐10はUnicodeベースに切り替えることで、JIS X 0213:2004に対応しました。


異体字への対応
同じ意味・読み方を持ちながら、表記が異なる文字を異体字と呼びます。
Unicodeでは、異体字を扱うためにIVS(Ideographic Variation Selector)という機構が導入されており、 IVSに対応したフォントを利用することで異体字を入力・表示できる環境が整いつつあります。
桐10では異体字を正確に扱うために、このIVSに対応しました。

以下は、異体字を支援している代表的なフォントである、IPAmj明朝フォントを使用した場合の表示例です。
異体字表示例(IPAmj明朝フォント使用)

桐10では単にIVSの入力・表示・印刷ができるだけではなく、IVS代表文字による検索・並べ替え・絞り込み・集計および組み込み関数の対応など、 日本語データベースシステムとして異体字をまとめて扱うために必要な機能を提供しています。

漢字約58000字を扱うことができる
IVSに対応することで、文字情報基盤で定められている漢字約58000字を扱うことができるようになりました。
文字情報基盤とは、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が進めている文字情報基盤整備事業で定められた文字集合で、戸籍統一文字および住基統一文字から成ります。
詳しくは「情報処理推進機構(IPA)」のサイトをご覧ください。

さらに、文字情報基盤をより簡単に使えるようにするために、文字情報基盤整備事業の成果物である文字フォント「IPAmj明朝フォント」を桐10更新プログラム(sp1)に同梱しました。

お客様のサイズに合わせて - データサイズの大幅拡張

桐10ではお客様の要望にお応えして、より大量のデータを扱えるように基本設計を拡張しました。
桐9シリーズでは外部のSQL型データベースとの連係が必要になったデータサイズも、桐10なら単体で処理ができます。

  桐10 桐9
ファイルサイズ上限 約32GB 約510MB
レコード数 約10億レコード 約4千万レコード
レコード長 8千文字 4千文字

その他の新機能

PDFファイル出力へのフォント情報埋め込み(sp1から提供)
桐が出力するPDFファイルに、印刷データが必要とするフォント情報の埋め込みに対応しました。
これによって、桐でプレビューしたとおりの文字がそのままPDFファイルに出力できます。

テキスト、CSVなど外部から入力するファイルの文字コードを自動判定
Unicodeへの対応に合わせて、外部から読み込むファイルの文字コード自動判定機能を追加しました。
Shift_JIS、UTF-16LE、UTF-8など通常使われる文字コードであれば、桐が自動的に識別し、読み込み時に必要な変換を行います。 文字コードを意識せずにお使いいただけます。

対応イメージの拡充
扱える画像形式に「PNG」と「TIFF」を追加しました。

UNC形式パスのサポート
桐で扱うすべてのファイル名、パス名でUNC(Universal Naming Convention)形式のパスが使用できるようになりました。

データ互換性-桐9から移行される方へ
桐10では、桐9で作成したデータを桐10形式に変換することなく、そのままお使いいただくことができます。
このため桐9形式のデータを扱うのであれば、桐10と桐9を混在して運用することも可能です。
桐10で強化/拡張された機能(Shift_JISに存在しない文字を保存する場合を含む)、あるいは共有を行う場合には、桐10形式への変換が必要です。 専用ツールによって安全かつ簡単に移行する手段をご提供しています。
詳しくは「桐10移行ガイド(桐9からの移行に関して)」をご覧ください。

Microsoft、Windows、Excel、Office 365は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。