日本語データベースシステム 桐のサイト

桐のセキュリティ機能

桐におけるセキュリティの考え方

桐は、表ファイル(TBX)を中心としたデータベースです。
データを「ファイル」という単位で扱うため、直感的で、かつ、さまざまな形で運用できることが大きな特長です。
この特長を損なわず、「データの内容」を守ることを実現するために、桐は2つの機能を提供しています。

コンピューターの利用者を管理することや、ファイルそのもののコピーや削除を制限することについては、Windowsのユーザ-アカウント設定やファイルアクセス設定を行ってください。

桐が提供する2つのセキュリティ機能

桐が提供しているセキュリティ関連機能は以下の2つです。

1 セキュア桐
データを暗号化し、設定を行った特定のPC(「アクセスする場所」)で、パスワードを知っている人(「利用者」)だけがデータを扱えるように保護を行う機能です。
万が一データを持ち出されても、「アクセスする場所」とパスワードが揃わなければ、データの内容を見ることはできません。
セキュア桐の概念図


2 利用者コード
データを利用する役割(参照、更新、定義変更)ごとにパスワードを設定して、利用者ごとのアクセス範囲を制限する機能です。
万が一データを持ち出されても、パスワードが分からなければデータの内容を見ることはできませんが、セキュア桐に比べると暗号化の強度は劣ります。
利用者コードの概念図

セキュリティ機能をどのように使うか
○許可された人だけがデータを利用できるようにしたい
○データを扱える場所を特定したい
○データを利用した痕跡を記録したい
Windowsユーザーアカウント管理 +「セキュア桐」をご使用ください。
「セキュア桐」の導入については、こちらをご覧ください。
○担当者以外のデータ更新による事故や、システム改ざんを防ぎたい
「利用者コード」によるデータファイル保護をご使用ください。
「利用者コード」に関する詳細は、桐ヘルプの[基本操作]→[設定画面(ダイアログボックス)]→[利用者コード]を参照してください。

「セキュア桐」と「利用者コード」は組み合わせて使用することができます。
保護したいデータの性質や運用方法に合わせてご活用ください。

Microsoft、Windows、Excel、Office 365は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。