「桐」ロゴ
桐9s 障害情報ページ

桐9sで確認された問題と、その回避策および対応状況をお知らせするためのページです。

該当する機能をお使いのお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、修正版が利用可能になるまでの間、「対策・回避策」でご案内する方法で一時ご対応くださいますようお願い申し上げます。

報告番号 140408-1 掲載日 2014年4月8日
対象となる機能 クロス・エクセル機能
現象 「Excel 2013」を使用して変換を実行すると「KU0214 Excelワークシートをオープンできません」のエラーが発生する。
対策・回避策

マイクロソフトのサイトより以下のプログラムをダウンロードして、実行してください。
Microsoft Access データベース エンジン 2010 再頒布可能コンポーネント
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=13255

注:
ダウンロードするプログラムは次の2種類あります。
お使いの「Excel2013」に合わせたファイルをダウンロードしてください。 
・32bit版 「AccessDatabaseEngine.exe」
・64bit版 「AccessDatabaseEngine_X64.exe」

発生バージョン 桐9s(桐ビルド番号 #1031,#1032,#1033)
対応状況 マイクロソフトからプログラムを入手することで対応できます。


報告番号 140331-1 掲載日 2014年3月31日
対象となる機能 #消費税率
現象 「2014年3月31日」の日付に時、分、秒のいずれかのデータがあると、消費税率が未定義値になる。
対策・回避策 「桐ビルド番号 #1033」にバージョンアップしてください。
発生バージョン 桐9s(桐ビルド番号 #1031,#1032)
対応状況 「桐ビルド番号 #1033」で対応しました。(更新プログラムはこちら


報告番号 131220-1 掲載日 2013年12月20日
対象となる機能 入力モード
現象 項目属性の「入力モード」を設定していても、入力時に有効にならない。
Windows 8.1/8付属の「Microsoft IME 2012」を使用した場合に発生します。
対策・回避策 「Microsoft IME」の入力モードを切り替えてください。
発生バージョン 桐9s (桐ビルド番号 #1031,#1032,#1033)
対応状況 「対策・回避策」にてご対応ください。


報告番号 131220-2 掲載日 2013年12月20日
対象となる機能 テキストオブジェクトのプロパティ[未定義値の表示文字列](フォーム)
現象 [テキスト]オブジェクトの[ソース]に文字列型の変数を指定している場合、そのオブジェクトのプロパティに設定した[未定義値の表示文字列]が正しく表示されない。
対策・回避策 ・集対象表の項目をソースとした場合は正しく表示されます。
・フォームの[未定義値の表示文字列]に設定した場合は正しく表示されます。
発生バージョン 桐9s (桐ビルド番号 #1031,#1032,#1033)
対応状況 「対策・回避策」にてご対応ください。


報告番号 131025-1 掲載日 2013年10月25日
対象となる機能 ファイル複写コマンド(一括処理)
ファイル更新コマンド(一括処理)
現象 コピー元に(または更新元に)ワイルドカード指定がある場合、正常終了しているにも関わらず、「終了状態=」に102が返る。
対策・回避策 ワイルドカード指定の場合は、102エラーを無視してください。
(ワイルドカードで102が返る場合は、処理が正しく行われています)
発生バージョン 桐9s (桐ビルド番号 #1031)
対応状況 「桐ビルド番号 #1032」で対応しました。(更新プログラムはこちら


報告番号 131025-2 掲載日 2013年10月25日
対象となる機能 ファイル移動コマンド(一括処理)
現象 フォルダごと移動させようとすると、「終了状態=」に102が返る。
またその際、コマンドは常に実行されない。
対策・回避策 移動元にファイルを指定する場合は正しく動作します。
「フォルダ作成」「ファイル複写」「ファイル削除」コマンドなどを組み合わせて代用してください。
発生バージョン 桐9s (桐ビルド番号 #1031)
対応状況 「桐ビルド番号 #1032」で対応しました。(更新プログラムはこちら


報告番号 131025-3 掲載日 2013年10月25日
対象となる機能 [開く]ダイアログ
現象 [開く]ダイアログで「デスクトップ」を指定すると、「KU0102 ファイルは見つかりません」のエラーが出る。
対策・回避策 (1)デスクトップにあるファイルを開く場合には、ファイルパレットを利用してください。
(2)「ユーザー」フォルダ経由でデスクトップを指定してください。
  【Windows 8/7/Vistaの場合】
   C:\Users\<<ユーザ名>>\Desktop
  【Windows XPの場合】
   C:\Documents and Settings\<<ユーザ名>>\Desktop
発生バージョン 桐9s (桐ビルド番号 #1031)
対応状況 「桐ビルド番号 #1032」で対応しました。(更新プログラムはこちら
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。