「桐」ロゴ
 

4. 拡張子とは何ですか?


ファイル名のうち、「.(ぴりおど)」で区切られた右側の部分を「拡張子」といいます。
例えば「メモ.TXT」は「TXT」が拡張子になります。
「.」の後ろは一般的には3文字の英数字で構成されてますが、4文字の場合もあります。

【例】 記念写真.jpg index.html 出納簿.xlsx

拡張子は、 そのファイルの内容を表すもの として利用されます。
桐のデータファイル(表ファイル)の拡張子は「TBX」ですから、「会員名簿.TBX」というファイル名を持つものは「桐のデータ」ということが分かります。

なお、Windowsの標準設定では、拡張子は画面に表示されません。


拡張子を表示させるには、つぎのように操作します。

●Windows 10/8.1の場合

  1. エクスプローラーの[表示]タブの[ファイル名拡張子]をチェックすると、拡張子が表示されます。

 

●Windows 7の場合

  1. エクスプローラーの[ツール]メニューから[フォルダーオプション]を選びます。
    ※一度「Alt」キーを押してメニューバーを表示させる必要があります。

  2. [表示]タブにある[登録されている拡張子は表示しない]のチェックをはずします。

  3. [OK]ボタンををクリックすると、拡張子を含めたファイル名が表示されます。

 

ノート

  • 拡張子の関連づけについて
    Windowsシステムはファイルの拡張子を見て、そのファイルを判断しています。
    例えば「出納簿」というファイルがあり、そのファイルをダブルクリックしたとします。このとき、そのファイルの拡張子が「XLS」であればExcelを起動し、「TBX」であれば桐を起動します。

    このように「ファイル(の拡張子)とアプリケーションソフト」を結びつけることを 拡張子の関連づけ といいます。
    この設定がなされていないと、ファイルをダブルクリックしてもエラーとなり、利用することはできません。


    また、ファイルの拡張子を「名前の変更」機能で変更しても、「ファイルの中身」が変わるわけではありません。
    例えば、Excelファイルの拡張子を「TBX」に変えた場合、ファイルのアイコンはExcelから桐に変わります。

    見かけは確かに桐のファイルに変わりますが、ファイルの内容はExcelファイルのままです。
    このファイルをダブルクリックすると、関連づけの設定によりExcelではなく桐が起動します。しかし、桐はExcelファイルを「表ファイルとして処理しようとする」ため、エラーとなります。


    このようなトラブルを防ぐために、Windowsは拡張子を表示しない設定を標準にしています。
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。