「桐」ロゴ
質問と回答 -その他-
1.
全画面表示をさせてみたところ、桐のタイトルバーまで消えてしまい、×ボタンや最小化ボタンなどが押せなくなってしまいました。

全画面表示とは、デスクトップに桐だけが表示される状態をつくるもので、一般的な最大化状態とは異なります。

フォームを全画面表示させる場合、終了機能のボタン等が設定されていないと、安全な方法で桐を終了させることができなくなる場合があります。ご理解のうえ、ご利用ください。

[質問と回答]へ戻る

2.
桐ver8の表などを桐9シリーズで使用すると、桐ver8で使用することはできなくなるのでしょうか。

警告画面

桐9シリーズでは表などの形式が変更になっています。もしも、間違えて開いてしまった場合には、保存せずに終了してください。

[質問と回答]へ戻る
3.
桐関数の[#OSVER]の戻り値が桐ver8と桐9シリーズでは記述が違いますが、仕様が変更されたのでしょうか。

桐9シリーズでは、システム情報や関数の戻り値など、OS名の表記を統一しました。
このため、桐9シリーズと桐ver8では「#OSVER」の戻り値が異なります。

#OSVER

OS 桐ver8sp6 桐9シリーズ
Windows 95 Windows 95 version 4.0.950 Microsoft Windows 95 version 4.0.950
Windows 98 Windows 98 version 4.10.1998 Microsoft Windows 98 [version 4.10.1998]
Windows 98 SE Windows 98 version 4.10.2222 A Microsoft Windows 98 [version 4.10.2222] A
Windows Me Windows 98 version 4.90.3000 Microsoft Windows ME [version 4.90.3000]
Windows NT 4.0 Windows NT version 4.0.1381 Service Pack 5 Windows NT [version 4.0 build 1381] Service Pack 5
Windows 2000 sp 3 Windows NT version 5.0.2195 Service Pack 3 Microsoft Windows 2000 [version 5.0 build 2195] Service Pack 3
Windows XP sp 2 Windows NT version 5.1.2600 Service Pack 2 Microsoft Windows XP [version 5.1 build 2600] Service Pack 2
Windows Vista   Windows Vista (TM) Business [version 6.0 build 6001] Service Pack 1
Windows 7   Windows 7 Home Premium [version 6.1 build 7600]
Windows 7 Home Basic [version 6.1 build 7600]
[質問と回答]へ戻る
4.
桐関数の[#バージョン番号]の戻り値を教えてください。

Windows版桐のバージョン番号の戻り値は次のようになっています。

#バージョン番号

桐ver6 桐ver7 桐ver7.1 桐ver8 桐ver9 桐ver9sp1 桐9-2004/2005/
2006/2007/2009
6.01 7.01 7.12 8.02 9 9.01 9.1
[質問と回答]へ戻る
5.
桐ver8と桐9シリーズでは環境設定の初期値が違っているようですが、どこが変更になったのか教えてください。

桐ver8から変更されたもの、新しく追加されたもの、削除されたものは次のとおりです。

全般

変更点 メモ 桐ver8sp6 桐9シリーズ
検索継続のダイアログを表示する 追加   する
編集中に候補一覧ポップアップを自動表示する 追加   する
編集ウィンドウの最大化状態を復元する 削除 しない  
「#表引き」関数の表を共有→参照の順に開く(再起動時に有効) 高度な設定
追加
  しない

フォルダ
変更点 メモ 桐ver8sp6 桐9シリーズ
作業ファイルの場所 高度な設定
変更不可に

質問と回答(環境設定(1))

   

表の表示
変更点 メモ 桐ver8sp6 桐9シリーズ
項目名文字列 背景色 (灰色) (裏葉色)
データ文字列 背景色 (白) (象牙色)
行セレクタ文字列 背景色 (灰色) (裏葉色)
表定義時の初期値として「継承」せずに取り込む   しない する
データ行の位置・縦表示位置 高度な設定 上詰め 中央揃え
項目の余白(表定義時の初期値)・横(X) 高度な設定 0mm 0.5mm
項目の余白(表定義時の初期値)・縦(Y) 高度な設定 0mm 0.2mm

印刷
変更点 桐ver8sp6 桐9シリーズ
行頭禁則文字 !%),.:;?]}。」、・゙゚、。,.・:;?!゛゜
ヽヾゝゞ’”)〕]}〉》」』】
°′″℃¢%‰
。,.)]}」、゚゙、。,.゛゜’”)
〕]}〉》」』】°
行末禁則文字 $([\{「‘“(〔[{〈《「『【¥$£ ([{「‘“(〔[{〈《「『【

一括
変更点 メモ 桐ver8sp6 桐9シリーズ
図形ファイルのデフォルト拡張子を.grpにする 高度な設定
削除
しない  
データ文字列 表示の設定
背景色
(白) (象牙色)
行セレクタ文字列 表示の設定
背景色
(灰色) (裏葉色)
[質問と回答]へ戻る
6.
桐ver9でGIF 形式のファイルが表示されなくなったのですが。

桐ver9では、GIF形式ファイルの描画は未サポートとなりました。
BMP あるいは JPEG 形式に変換してご使用ください。

※GIF形式ファイルは桐9-2006から再びサポートしています。

[質問と回答]へ戻る
7.
桐のデータをUSBメモリにバックアップするにはどうすればよいですか?

次の手順で行ってください。

  1. 桐を起動している場合は、桐を終了させる。

  2. Windowsの[スタート]ボタンをクリックして、メニューから[エクスプローラ]を選ぶ。
    スタートメニューからエクスプローラを起動


  3. 桐のデータを保存したフォルダを表示する(標準設定の場合は「C:\K3\Data」)。
    エクスプローラ:Dataフォルダを表示


  4. 「Data」フォルダを 一度だけ左クリック してフォルダを選ぶ。
    エクスプローラ:Dataフォルダを選択


  5. 編集メニューの[コピー]を選ぶ。
    エクスプローラ:コピーを選ぶ


    Windows 7/Vistaをご使用の場合は、[Alt]キーを押すとメニューバーが表示されます(画面はWindows 7)。
    エクスプローラ:メニューバー非表示 エクスプローラ:メニューバー表示


  6. USBメモリをパソコンに差し込む。
    エクスプローラ:USBメモリのドライブ


  7. [編集]メニューの[貼り付け]を選ぶ。
    エクスプローラ:貼り付けを選ぶ


  8. データを保存したフォルダがUSBメモリにコピーされます。
    エクスプローラ:USBメモリにデータがコピーされる



【参考】
次の方法でもコピーできます。

  1. 桐を起動している場合は、桐を終了させる。

  2. USBメモリをパソコンに差し込む。
    エクスプローラ:USBメモリのドライブ


  3. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、メニューから[エクスプローラ]を選ぶ。
    スタートメニューからエクスプローラを起動


  4. 桐のデータを保存したフォルダを表示する(標準設定の場合は「C:\K3\Data」)。
    エクスプローラ:Dataフォルダを表示


  5. 「Data」フォルダを 一度だけ左クリック して選択する。
    エクスプローラ:Dataフォルダを選択


  6. 次に 右クリック してメニューを表示し、[送る]→[リムーバブルディスク(E:)](ここではUSBメモリ)を選ぶ。
    送る→リムーバブルディスク


  7. データを保存したフォルダがUSBメモリにコピーされます。
    エクスプローラ:USBメモリにデータがコピーされる
[質問と回答]へ戻る
8.
パソコンを替えたので、古いパソコンから新しいパソコンに桐のデータをコピーしたのですが、新しいパソコンの桐ではファイルが表示されません。

桐が標準で設定している「データファイルの場所(C:\K3\Data\)」とは異なるフォルダに、ファイルをコピーしたのが原因です。

たとえば、次のような手順でコピーを行ったのではないでしょうか?

  1. 古いパソコンのエクスプローラを起動し、「C:\K3\Data\」フォルダをUSBメモリにコピーする。
  2. 新しいパソコンのエクスプローラを起動し、「C:\K3\Data\」フォルダを表示する。
  3. USBメモリの「Data」フォルダを新しいパソコンにコピーする。

このような手順をとると、「C:\K3\Data\」フォルダの中に「Data」フォルダを追加で作成し、そこにデータがコピーされてしまいます。従って、「C:\K3\Data\」フォルダにはファイルが全くないように見えてしまいます。

桐ファイルパレット:ファイルがない

エクスプローラ:「C:\K3\Data\」フォルダにはファイルがない


エクスプローラ:その下の「C:\K3\Data\」フォルダにファイルが保存されている



この問題を解決する方法は2通りあります。

●解決方法 1

桐の設定を変えることで、桐のデータを一覧表示することができます。

  1. 桐を起動し、[ツール]メニューから[環境設定]を選びます。
    桐のルールメニュー


  2. [環境設定]画面の「フォルダ」タブを選び、[データファイル]の右にあるフォルダ選択のアイコンをクリックします。
    環境設定画面:データファイル


  3. フォルダの一覧が表示されるので、「Data」フォルダの左にある「+」マークをクリックします。
    フォルダ画面:Dataフォルダの「+」をクリック


  4. 「C:\K3\Data\Data\」フォルダをクリックしてから、[OK]ボタンをクリックします。
    フォルダ画面:下のDataフォルダを選ぶ


  5. データファイルの設定が「C:\K3\Data\Data\」に変わったことを確認して、[OK]ボタンをクリックします。
    環境設定画面:データフォルダのフォルダ名が変わった


  6. ファイルパレットを確認します。
    桐ファイルパレット:ファイルを確認


●解決方法 2

すべてのファイルを「C:\K3\Data\」フォルダに移動することで、桐のデータを一覧表示することができます。

  1. エクスプローラを起動して「C:\K3\Data\Data\」フォルダを表示します。
    エクスプローラ:「C:\K3\Data\Data\」フォルダを表示


  2. [編集]メニューから[すべて選択]を選びます。
    エクスプローラ:編集メニュー→すべて選択


    Windows 7/Vistaをご使用の場合は、[Alt]キーを押すとメニューバーが表示されます(画面はWindows 7)。
    エクスプローラ:メニューバー非表示 エクスプローラ:Altキーでメニューバーを表示


  3. [編集]メニューから[切り取り]を選びます。
    エクスプローラ:編集メニュー→切り取り


  4. 「C:\K3\Data\」フォルダを表示します。
    エクスプローラ:「C:\K3\Data\」フォルダを表示


  5. [編集]メニューから[貼り付け]を選びます。
    エクスプローラ:編集メニュー→貼り付け


  6. ファイルが「C:\K3\Data\」フォルダに移動します。
    エクスプローラ:ファイルを移動


  7. 桐ファイルパレットを確認します。
    桐ファイルパレット:ファイルを表示
[質問と回答]へ戻る
9.
デスクトップにある「表ファイル」をUSBメモリにコピーして他のパソコンで使おうと思ったら、そのパソコンの桐ではファイルが表示されません。

デスクトップにあったのは「ショートカットファイル」ではありませんか。
ショートカットファイルは桐の表ファイルそのものではありませんので、それをコピーしても表ファイルはコピーされません。

ショートカットファイルの場合は、アイコンの左下に「矢印マーク」がつきますので、区別することができるようになってます。

ショートカットアイコンには矢印マークがつく

●「表ファイル」保存場所の確認方法

  1. ショートカットファイルを右クリック して、「プロパティ」を選ぶ。
    ショートカットファイルを 右クリック して、「プロパティ」を選ぶ。

  2. 「リンク先」の内容を確認する。
    ショートカットのプロパティで保存場所を確認する

    ※例では「C:\K3\Data」フォルダに桐の表ファイルが保存されていることが分かります。


デスクトップにある「桐のショートカットファイル」をコピーしても、桐や桐のデータがコピーされるわけではありません。

桐ver9のショートカットアイコン

ショートカットファイルは、「リンク先」に設定している
ファイルの保存場所情報を管理している
だけの小さなファイルです。
あくまでも「ファイルを利用するための補助手段(近道:Shortcut)」なので、ショートカットファイルを別のパソコンにコピーしても役に立ちません。
[質問と回答]へ戻る
10.
桐で表ファイルなどを外付けハードディスクなどにコピーすることはできますか?

[桐ファイルパレット]を使ってコピーします。
手順は以下のとおりです。

  1. [桐ファイルパレット]の[ファイル]ボタンをクリックします。
    桐ファイルパレット:[ファイル]ボタンをクリック

  2. コピーしたいファイルを選びます。
    ファイルが複数ある場合は[Shift]キーあるいは[Ctrl]キーを押しながら選択します。
    桐ファイルパレット:コピーするファイルを選ぶ

  3. [コピー]ボタンをクリックします。
    桐ファイルパレット:[コピー]ボタンをクリック

  4. [ファイルコピー]画面で[フォルダ参照]ボタンをクリックします。
    [ファイルコピー]画面:[フォルダ参照]ボタンをクリック

  5. フォルダの一覧から保存先のドライブを指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    フォルダ一覧で保存先のドライブを指定

  6. [ファイルコピー]画面で[実行]ボタンをクリックします。
    [ファイルコピー]画面:[実行]をクリック

  7. ファイルがコピーされます。
    桐ファイルパレット:ファイルがコピーされる



外付けハードディスクなどにコピーしたファイルを、内蔵ハードディスクに書き戻す場合の手順は、以下のとおりです。

  1. 念のため、[桐ファイルパレット]に表示されている現在の「データパス」をメモに書き留めておきます。
    桐ファイルパレット:現在のデータパス

  2. データパスの右側にある[フォルダ参照]ボタンをクリックします。
    桐ファイルパレット:[フォルダ参照]ボタンンをクリック

  3. フォルダの一覧から外付けハードディスクを指定し、[OK]ボタンをクリックします。
    フォルダ一覧でドライブを指定

  4. ハードディスクの内容が表示されます。
    桐ファイルパレット:ハードディスクの内容を表示

  5. コピーしたいファイルを選び、[コピー]ボタンをクリックします。
    桐ファイルパレット:[コピー]ボタンをクリック

  6. [ファイルコピー]画面で、[転送先フォルダ]の右の[▼]ボタンをクリックします。
    [ファイルコピー]画面:[▼]ボタンをクリック

  7. 先ほど書き留めた「データパス」を選びます。
    [ファイルコピー]画面:データバスを選択

  8. [実行]ボタンをクリックします。
    [ファイルコピー]画面:[実行]ボタンをクリック

  9. 同じ名前のファイルが内蔵ハードディスクに存在する場合は、次の確認画面が表示されます。
    目的に合わせてボタンをクリックします。
    [ファイル上書きの確認]画面" title"[ファイル上書きの確認]画面"
    • [はい]      :上書きする
    • [すべて上書き] :他のファイルも含めてすべて上書きする
    • [いいえ]      :上書きしない
    • [キャンセル]   :コピーを中止する
※桐を使用せず、Windows上でファイルをコピーする場合は、「質問と回答-Windows関連(6)」を参照してください。
[質問と回答]へ戻る
11.
桐を起動したときに、[桐ファイルパレット]を表示しないようにしたいのですが。

次のように設定してください。

  1. [桐ファイルパレット]の[ファイルの情報とファイルパレットの設定]ボタンをクリックします。
    桐ファイルパレット:[ファイルの情報とファイルパレットの設定]ボタンをクリック

  2. [ファイル情報]画面で[ファイルパレットの設定]タブをクリックし、ファイルパレットに関する設定をしてください。
    [ファイル情報]画面:ファイルパレットに関する設定

 

[質問と回答]へ戻る
12.
数字が入力できません。

「NumLock」の状態を確認してください。
「NumLock」がオフの状態では数字の入力ができません。

[NumLock]キーは通常テンキーの左上に配置されています。
[NumLock]キーとテンキー

「NumLock」の状態は、キーボードにあるインジケーターランプで確認できます。
「NumLock」のインジケータ

[質問と回答]へ戻る
13.
アルファベットの入力ができません。数字が入力されます。

「NumLock」の状態を確認してください。

ノートパソコンなどのキーボードでは、[NumLock]キーをオンにするとアルファベットの一部がテンキーに変わります。
この状態では、該当するアルファベットの入力はできなくなります。
ノートパソコンのテンキー

[質問と回答]へ戻る
14.
数字が半角でしか入力できません。

お使いの「IME」の設定を確認してください。
テンキーから入力した数字を常に半角にする 設定になっていると思われます。
IMEのプロパティ

 

[質問と回答]へ戻る
15.
桐の印刷内容を、PDFファイルに変換することはできますか?

[印刷]画面の[PDF出力]をチェックして[OK]ボタンをクリックすると、PDFファイルを作成します。
[印刷]画面で[PDF出力]をチェック

なお、桐のPDF出力機能は簡易的なものです。
このため以下の制限があります。

[質問と回答]へ戻る
16.
プリンタに追加した「新しい用紙」を桐で使用することができません。

ご利用のプリンタが、追加した「新しい用紙」に対応していない場合は、桐でも使用することはできません。

簡単な例を用いて説明します。

B4用紙を「B4(新)」という用紙名で「新しい用紙」として登録します。
プリントサーバーのプロパティ:新しい用紙「B4(新)」を登録

「A4対応プリンタ(Canon LBP-A404)」と「B4対応プリンタ(Canon LBP-B406S)」のプリンタの印刷設定画面で、扱うことができる用紙の一覧を見比べます。
注:プリンタの印刷設定画面に関して

Canon LBP-A404 Canon LBP-B406S
Canon LBP-A404の印刷設定画面:「B4(新)」はない Canon LBP-B406Sの印刷設定画面:「B4(新)」が一覧に表示されている

追加した用紙名「B4(新)」は、A4対応プリンタでは表示されていないことが分かります。
このような場合、桐もA4対応プリンタでは「B4(新)」を利用することはできません。

Canon LBP-A404 Canon LBP-B406S
桐の一覧表印刷の属性画面:「B4(新)」はA4対応プリンタでは表示されていない 桐の一覧表印刷の属性画面:「B4(新)」が一覧に表示されている

※桐で扱うことができる用紙サイズの範囲(7.6cm ~ 56cm)を超えた用紙も表示しません。



注:プリンタの印刷設定画面に関して

プリンタドライバ(プリンタに印刷するためのプログラム)のプロパティにある「印刷設定」では、そのプリンタに関する設定や内容の確認をすることができます。
ただし、この設定画面に関しては、Windowsのバージョンやプリンタドライバの提供元によって異なるため、使用できる用紙を確認するための操作方法などを具体的にご案内することはできません。ご了承ください。

デザインが異なる印刷設定画面

※先ほどのプリンタの画面とはデザインが異なりますが、使用できる用紙を確認することはできます。

[質問と回答]へ戻る
17.
桐はバーコードリーダー(バーコードスキャナー)に対応していますか?

桐はバーコードリーダーに関し、直接的な対応はしていません。
桐はバーコードリーダーを「キーボードの一種」として取り扱います。このため、バーコードリーダーが読み取ったデータは、キーボードから入力されたものとして処理します。
従って、キーボードとして取り扱うことができないような「特殊なバーコードリーダー(パラレル/シリアル接続のものなど)」は、桐で利用することはできません。

[質問と回答]へ戻る
18.
バーコードリーダーで読み取った際、自動的に改行コードを入力して次の項目にカーソルを移動させたいのですが。

バーコードリーダー側で「読み取った値に改行コードを付加する」設定を行ってください。バーコードリーダーにその機能がない場合は、お客様ご自身でカーソルを移動してください。桐で対応することはできません。

[質問と回答]へ戻る
19.
2011年になってから、日付や日数などに関する計算結果が正しくありません。

西暦年を2桁で入力されていませんか。
この場合、基準年を「10年」に設定していると

11年は1911年として

処理することになります。
このため、計算結果が誤ったものになります。

以下の手順で基準年を変更してください。

  1. 桐を起動し、[ツール]メニューから[環境設定]を選びます。

  2. [環境設定]画面で[日時型・時間型]タブを選び、[高度な設定]ボタンをクリックします。
    環境設定画面-[日時型・時間型]タブ

  3. 基準年の設定を変更します。
    高度な設定(日時型・時間型)画面で基準年を変更

    例えば、「20年」に変更すると、桐は2桁で入力した西暦年のうち「0~20」を2000年以降のものとして処理します。

 

【注意】
  • 基準年を変更した後は、桐を再起動してください。再起動後に基準年の変更が有効になります。
  • 基準年を変更する前に確定した計算結果は、自動的には変わりません。変更後に「再計算」する必要があります。
[質問と回答]へ戻る
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。