「桐」ロゴ
質問と回答 -表の共有-
1.
Windows XPのピアツーピアネットワーク機能を利用して、桐のデータを共有するための手順を教えてください。

ピアツーピアの設定は、次の2つが重要なポイントです。

ネットワークの設定
「共有したいTBLファイルを保存したフォルダ」を、クライアント側で『ネットワークドライブ』としてきちんと割り当てる。

桐の設定
「共有管理情報ファイルを保存するフォルダ」を、すべての桐で『同じフォルダを参照』するよう正確に指定する。これらの設定が異なっていた場合、データを共有することはできません。
なお、ここでは、ネットワーク上のコンピュータを以下のように定義しています。

サーバマシン 桐のTBLファイルなどがハードディスク上にあるWindows XPパソコン
(桐を起動してそのファイルを直接使用することもある)
クライアントマシン サーバマシンにあるファイルをネットワーク経由で利用するWindows XPパソコン
※「Windows XP Service Pack 2」を使用しています。




ネットワークの設定に関して

1.サーバマシンの設定

まず、サーバマシンを、ネットワークでファイル共有できるように設定します。

手順

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックして、メニューから[エクスプローラ]を選ぶ。

    スタートメニュー/エクスプローラ

  2. 「共有するフォルダ(ここでは「C:\K3\Data」)」を右クリックし、[共有とセキュリティ]を選ぶ。

    右ボタンメニュー/共有とセキュリティ

    このフォルダ内の桐のデータを、各クライアントマシンから利用できるようにします。
    ※「C:\K3\Data」内の「share」フォルダは、桐が必要とする「共有管理情報ファイル」の保存場所としてあらかじめ作成しておきます。(ここでは「share」フォルダとしていますが、他の名称でもかまいません。 こちらの補足説明をご覧ください。)

    共有するフォルダは1つだけ
    共有フォルダを複数設定すると、トラブルのもとになります。
    共有設定したフォルダ(ここでは「C:\K3\Data」)に含まれるサブフォルダも、この設定で共有可能になります。
    サブフォルダを個別に共有設定してはいけません。

  3. 共有の設定を行う。

    ※ここでの説明は、あくまでも「一例」としてご紹介させていただきます。
    ネットワークに関する設定は一律ではないため、ご紹介した設定がお客様のネットワーク事情に合わない場合もあります。
    また、Windows XPの設定によっては表示されるメニューも異なってきます。
    弊社ではネットワークセットアップウィザードなどに関するサポートは行えませんので、ネットワーク管理者にご相談いただくか、Windows XPのヘルプ・マニュアルなどを参照してください。

    ※共有設定を行う上で重要な箇所には がありますので、その点に注意しながら共有の設定を行ってください。

    「ネットワーク上での共有とセキュリティ」の説明文にある「ネットワークセットアップウィザード」の文字をクリックします。

    共有とセキュリティ設定パネル



    ネットワークセットアップウィザードが起動します。画面の内容に従って次へ進めます。

    ネットワークセットアップウィザードパネル



    ネットワークセットアップウィザードパネル



    ネットワークセットアップウィザードパネル




    ここで設定した「コンピュータ名」が、「サーバ名」になります。

    ネットワークセットアップウィザードパネル




    ここで設定した「ワークグループ名」は、すべてのWindows XPパソコンで同じ名前にする必要があります

    ネットワークセットアップウィザードパネル



    ネットワークセットアップウィザードパネル



    ネットワークセットアップウィザードパネル



    ネットワークセットアップウィザードパネル



    ネットワークセットアップウィザードパネル

  4. 再び、エクスプローラで「共有するフォルダ」を右クリックし、メニューから[共有とセキュリティ]を選ぶ。
    先ほどとは画面の内容が変わっています。
    [ネットワーク上でこのフォルダを共有する]をチェックし、[共有名]を入力します。
    [ネットワークユーザーによるファイルの変化を許可する]をチェックし、[OK]ボタンをクリックします。

    Dataのプロパティ

  5. 共有設定されたフォルダのアイコンが変わっているのを、エクスプローラ上で確認する。

    フォルダアイコン


次にユーザアカウントの確認・作成をします。

手順

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックして、メニューから[コントロールパネル]を選ぶ。



  2. 「ユーザーアカウント」をクリックします。



  3. 「ユーザアカウント」の画面に、その「サーバマシン」に接続するすべてのクライアントマシンのアカウントが登録されていることを確認してください。



  4. アカウントが登録されていない場合は「新しいアカウントを作成する」をクリックして、必要なアカウントを登録してください。

2.クライアントマシンのネットワーク設定

手順

  1. Windowsの [スタート]ボタンをクリックし、メニューから[コントロールパネル]→ [システム]を選んで[コンピュータ名]タブをクリックする。

    [ワークグループ]の名称が、「1.サーバマシンの設定」の手順3で設定したものと同一であることを確認してください。
    異なる場合は、[変更]ボタンをクリックして、修正してください。

    システムpロパティパネル

  2. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、メニューから[マイ ネットワーク]を選び、サーバの一覧から桐のサーバを選ぶ(ここでは「kiri」)。

    ※左側の[ワークグループのコンピュータを表示する]のクリックが必要な場合があります。

    スタートメニュー

  3. 表示された共有フォルダ(ここでは「Data」)を右クリックし、[ネットワークドライブの割り当て]を選ぶ。

    右ボタンメニュー/ネットワークドライブの割り当て

  4. [ドライブ]に、任意のネットワークドライブ文字を割り当てる(ここでは「Z:」)。
    [ログオン時に再接続する]を必ずチェックして[完了]ボタンをクリックします。

    ネットワークドライブの割り当て設定パネル




桐の設定に関して

手順
  1. 「桐」を起動して、[ツール]メニューの[環境設定]を選ぶ。
  2. [フォルダ]タブの[高度な設定]ボタンをクリックする。
  3. クライアントマシンで桐を使用する場合
  1. [ネットワークで使用する(再起動時に有効)]をチェックする。
  2. [共有管理情報ファイルの場所]にフォルダ名を設定する。
    ここでは、「Z:\share」となります。

    環境設定画面 高度な設定

  1. サーバマシンで桐を使用する場合
  1. [ネットワークで使用する(再起動時に有効)]をチェックする。
  2. [共有管理情報ファイルの場所]にフォルダ名を設定する。
    ここでは、「C:\K3\Data\share」となります。

    環境設定画面 高度な設定

  3. 設定が終了したら[OK]」ボタンをクリックし、桐を再起動する。
    再起動後に設定が有効となります。
追補:
上記の設定でもデータを共有できない場合は、以下の設定をお試しください。
「サーバマシンで桐を使用する場合」で行ったサーバマシンの設定画面で、[このマシン上にあるローカルな桐データファイルを他ユーザと共有する]をチェックし、[共有番号][共有名][共有データフォルダ]を指定します。

共有番号 [共有番号]は通常「共有-1」のままでかまいません。
複数のフォルダを「共有」設定した場合に使い分けてください。
共有名 共有するフォルダに設定した名称(ここでは「Data」)。
共有データフォルダ 共有公開したフォルダのローカルドライブ上のフルパス名称(ここでは「C:\K3\Data\」)。


環境設定画面 高度な設定

 

05
表の使用に関して
03

実際に表を共有するためには、表を開く際に「オープンモード」の指定を行う必要があります。
表のオープンモードは、表を開くときに[共有]と[更新]で指定します。


[ファイル]メニューの[開く]で表を開く場合

[開く]ダイアログ

ファイルパレットで表を開く場合

ファイルパレット

ふたつのチェックボックスのON/OFFの組み合わせによって、表のオープンモードが決まります。

オープンモード 共有 更新 説明
専有 OFF ON 表を専有。他ユーザが開くことは不可。自身のデータ更新が可能。
共有 ON ON 表を共有。自身のデータ更新が可能。他ユーザの更新が可能。
共有参照 ON OFF 表を共有。自身のデータ更新は不可。他ユーザの更新が可能。
参照 OFF OFF 表を共有。全ユーザがデータ更新不可。他ユーザが参照で開くことが可能。

注意
表ファイルをエクスプローラやショートカットなどからダブルクリックして開いた場合は、オープンモードは「専有」になるため、共有することはできません。
使用ファイル履歴([ファイル]メニューに表示されるファイル名一覧)やフォーム、一括処理などを利用して開くことをご検討ください。

「レコード共有情報が作れません」のエラーが出た場合
上記の設定をしても「レコード共有情報が作れません…」という内容のエラーが出た場合はこちらを参照してください。
「share」フォルダに関する補足説明
本説明では「共有管理情報ファイルの保存場所」として「share」フォルダを作成していますが、フォルダ名は「share」でなければならないというものではありません。他の名称で作成してかまいません。
また、特にフォルダを作らずデータが保存してあるフォルダを「共有管理情報ファイルの保存場所」に指定してもかまいません。
ただし、「共有管理情報ファイルの保存場所」には桐が自動的に作業用ファイルを複数作成します。このファイルを判別しやすくするために、専用のフォルダを用意することを推奨します。
[質問と回答]へ戻る
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。