「桐」ロゴ
質問と回答 -一括-
1.
桐ver8で作ったフォームを開く一括処理を、桐9シリーズで実行したところ、いきなりフォームが飛び出してきたのですが。

一括処理からフォームを呼び出す場合、桐ver8では、フォームに定義してあるウィンドウ形式が何であれ、常にチャイルド(桐のウィンドウ内)で表示されましたが、桐9シリーズでは、ポップアップ、オーバーラップなどのウィンドウ形式に対応しました。

桐ver8と同様にチャイルドでフォームを使うには、次のような手順で修正します。

手順

プロパティ
  1. 対象のフォームを定義で開きます。
  2. [書式]メニューの[定義画面の設定]を選択し、「詳細プロパティを使用する」をチェックします。
  3. ・フォームのオブジェクトの属性を表示し、[フォーム]タブの中の、[ウィンドウの形式]を「チャイルド」にします。
[質問と回答]へ戻る
2.
ヘルプの一括処理&イベントリファレンスでコマンドの前についているアイコンの意味がわかりません。

一括処理&イベントリファレンスで使われているアイコンの意味は以下のようになります。

・桐ver8から変更のあったコマンド
・桐9シリーズで新規に追加したコマンド
・変更されたパラメータ
・追加されたパラメータ
[質問と回答]へ戻る
3.
メール送信コマンドがエラーになって動作しません。
大量のメールを送っていると、300件程度でエラーが出て送れなくなります。

ご利用のプロバイダが、「POP before SMTP」によりメール送信を制限しているものと思われます。

・メール送信コマンドがエラーになる場合は、メール送信する前に「メール受信」コマンドを1度使用し、それから送信を開始してください。

【例】

メール受信 [メールファイル], 件数上限 = 0, 終了状態 = &OK

→POPサーバにアクセスするだけで、メールがあっても受信は行いません。
これにより、「POP before SMTP」によるメール送信制限が解除されます。

「POP before SMTP」による送信制限解除は、有効時間が設定されています。一般的には、数分間経過するとまた元の制限状態に戻ります。
※「有効時間」に関しては、ご利用のプロバイダにご確認ください。

このため、
「メールを大量に送っている途中で有効時間が過ぎてしまい、メール送信ができなくなる」
といったことが発生します。

・この現象を回避するには、「ある程度メール送信を行ったら、再びメール受信コマンドを1度実行する」といった処理になるよう、一括処理を修正をしてください。

「POP before SMTP」とは?
スパムメール対策として考案された電子メール送信時のユーザ認証方法です。
「POPサーバ」にアクセスしてユーザ認証できた人だけが、「SMTPサーバ」を利用してメールを送ることができます。これにより、スパムメール業者のメール送信を防いでいます。
従って、「POP before SMTP」による送信制限が行われている場合は、まず「メール受信」する必要があります。
[質問と回答]へ戻る
4.
ネットワークドライブに保存してある一括処理ファイルを実行すると、「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」という警告が出ます。

ネットワークドライブ上にある「実行可能なファイル」を起動すると、ご指摘のような「セキュリティの警告」が必ず表示されます。
※「実行可能なファイル」とは、「.BAT」「.CMD」「.EXE」などの拡張子を持つファイルのことです。

開いているファイル-セキュリティの警告

これはWindows XP SP2以降、セキュリティが強化された関係で発生している現象です。

ネットワークドライブ上にある一括処理ファイルを直接実行する限り、必ず警告画面が表示されます。これを回避することはできません。
次のいずれかの運用方法で対処することをご検討ください。

【対処方法1】一括処理ファイルをローカルドライブから起動する
ローカルドライブで実行したときには、この警告画面は表示されません。

【対処方法2】「起動時の一括実行指定」機能を利用する
桐を起動し、「ツールメニュー」→「一括」タブにある
「起動時の一括実行指定」
に起動したい一括処理を指定する。
※【注】
この設定を行うと、桐を起動するときは必ず一括処理が実行されます。

【対処方法3】桐の起動時パラメータで指定する
実行したい一括処理が複数ある場合は、その数だけショートカットアイコンを作り、桐の起動時パラメータを設定することで一括処理を使い分けることができます。

手順
  1. Windowsの「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「桐 ver9」→「桐 ver9」をポイントする

    Windowsの「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」→「桐 ver9」→「桐 ver9」をポイントする

  2. ここで右クリックしてメニューを表示し、「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」を実行する

    右クリックしてメニューを表示し、「送る」→「デスクトップ(ショートカットを作成)」を実行する

  3. デスクトップにできたショートカットアイコンを右クリックして「プロパティ」を選ぶ
    「リンク先」の内容を以下のように変更します。
    C:\K3\KIRIV9\System\KIRI9.EXE -R "Z:\会員名簿.cmd"
    ※「Z:\会員名簿.cmd」を実行する場合の例

    桐ver9のプロパティ-[ショートカット]タブ

  4. ショートカットアイコンのファイル名を分かりやすい名前に変更しておく

    ショートカットファイルファイル名を分かりやすい名前に変更しておく
[質問と回答]へ戻る
5.
一括処理ファイルをダブルクリックしても、実行できません。

拡張子「.CMD」の関連づけが桐になっていないためです。
エクスプローラで一括処理ファイルを表示し、そのファイルを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選んでください。

[ファイルの種類]が「桐 一括処理」となっていない場合は、拡張子「.CMD」の関連づけが桐ではありません。
このような環境では、ダブルクリックして一括処理を実行することはできません。

左:関連づけがされていないファイルのプロパティ画面
右:桐に関連付けられているファイルのプロパティ画面

 

【対処方法】

拡張子「.CMD」の関連づけを桐にするためには、一度桐を「アンインストール」する必要があります。
再度桐をインストールする際に、拡張子の関連づけに関する設定をしてください。

●アンインストール方法

  1. Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[コントロールパネル]を選びます。

  2. お使いのOSに合わせて以下をクリックします。
    Windos 7/Vistaの場合 :[プログラムのアンインストール]
    Windows XPの場合   :[プログラムの追加と削除]
    Windows 2000の場合  :[アプリケーションの追加と削除]

  3. 登録されている「桐ver9-2009」を選択し、[変更と削除]をクリックします。
    ※Windows 7/Vistaの場合は、登録されている「桐ver9-2009」を一度左クリックし、次に右クリックしてメニューから[アンインストールと変更]を選びます。

●関連づけの設定

桐を再度インストールする際に、関連づけの画面が表示されます。
[セットアップ オプションの指定]画面で、[拡張子「.cmd」を桐の一括処理ファイルとして登録する]をチェックします。
[セットアップ オプションの設定]画面で関連づけを設定する

※画面は「桐9-2009」のものです。桐のバージョンによって方法は異なります。詳しくはお手持ちの『導入ガイド』を参照してください。

[質問と回答]へ戻る

6.
「履歴」に登録してある内容を、一括処理に流用したいのですが。

「履歴」の記述内容は、「一括処理」と共通しています。このため、履歴ファイルに書いてあるコマンドを、一括処理で利用することができます。

サンプルファイルの「JUSHO.TBL」を使用して説明します。

  1. 「JUSHO.TBL」を開いて「一覧表印刷を行う」だけの履歴を登録します。

  2. 登録が終わったら、[履歴の登録]画面にある[修正]ボタンをクリックします。
    履歴の登録画面

  3. 「履歴ファイル」の内容が表示されます。
    5行目が 「一覧表印刷を行う」コマンド です。
    履歴ファイルの内容:一覧表を行うコマンドをコピー

  4. この行(5行目)だけをコピーして、一括処理ファイルに貼り付けます。
    これで一括処理の方でも「一覧表印刷」を行うことができるようになります。

    なお、履歴ファイルには「履歴固有の記述」があります。
    ここでは、1行目から4行目、および最終行がそれに該当します。これらは一括処理にコピーしてはいけません。
【メモ】
「一覧表印刷条件」コマンドや「グラフ条件」コマンドのように、記述が複雑なコマンドを一括処理で作成する場合は、一度履歴で条件を登録しておき、その内容を利用すると便利です。

[質問と回答]へ戻る

Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。