「桐」ロゴ
質問と回答 -Excelファイル-
1.
Excelのファイルを桐の表に変換することができません。

ExcelファイルをアクセスするためのドライバーやMicrosoft ExcelがインストールされていないのでExcelファイルにアクセスできません

桐でExcelファイルを、直接読み込んで変換するには、対応するExcelが必要です。
対応するExcelをインストールするか、もしくは、Excelのシートをcsvファイルとして保存したものを読み込んでください。

桐とExcelのデータ交換についての詳細は、「桐9-2009とExcelの間でデータを交換する」をご覧ください。

[質問と回答]へ戻る

2.
[ファイル]メニューの[Excelファイル書き出し]が灰色表示になっていて、実行できません。

「Excelファイル書出し」が灰色表示になっている

桐の「Excelファイル書き出し」機能は、対応するExcelのバージョンがインストールされていなければ実行することができません。
対応するバージョンをインストールしてお使いください。

桐とExcelのデータ交換についての詳細は、「桐9-2009とExcelの間でデータを交換する」をご覧ください。

[質問と回答]へ戻る
3.
Excelのファイルを読み込もうとする、もしくは[Excelファイル書き出し]を行おうとすると、エラーメッセージが表示されて実行できません。

Excelが既に起動されています。Excel起動中は桐からExcelファイルを扱えません。Excelの実行を終了してください
Excel 起動中は、誤動作を避けるために、Excel のファイルを読み込んだり、「Excelファイル書き出し」機能を実行したりすることができません。
Excel を一旦終了させてから、ファイルを読み込む、もしくは、[Excelファイル書き出し]を行ってください。

[質問と回答]へ戻る
4.
Excel のシートの一部分に桐のデータを書き出したいのですが、どうすればよいでしょうか?

Excelファイル書き出し
「Excelファイル書き出し」機能を使用して、Excel の既存のシートに上書きすると、シート全体に上書きします。
Excel のシートの一部分に上書きするには、次の手順で行ってください。

手順

  1. [ファイル]メニューの[Excelファイル書き出し]を選択し、Excel の新しいシートに書き出す。
  2. Excelを起動し、書き出した新しいシートで範囲選択して切り取る。
  3. 上書きするシートに移動し、貼り付ける。
[質問と回答]へ戻る
5.
Excelに表の書き出しを行ったところ、一部のセルが「#########」になってしまいました。

Excelではセルの書式の表示形式を文字列にしているとき、セル幅で表示できないほど長い文字列でかつ、計算式に使用するような記号(&、=など) 混じりの文字列を数式エラーの文字列として、"#########"を表示する場合があります。

以下の設定で正しい文字列が表示できるようになります。

書式メニュー

Excel上で、[書式]メニューの[セル]を選択します。

セルの設定

[表示形式]タブの[分類]を「文字列」→「標準」に変更してください。

ただし、これを全体に対して行うと「-」を含む文字列が「日付」に変換されます。

[質問と回答]へ戻る
6.
Excelファイル変換を行ったところ、一部のセルの中身が「??????????」になってしまいました。

ワークシートのセルの値に、ShiftJIS文字セットにない文字が含まれていた場合、変換後の桐の表では、その値が「??????????」になります。

例えば、セルの値が「?」のようなUnicode文字セットにあって、 ShiftJIS文字セットにはない文字だった場合、セルの内容は「?」となります。

[質問と回答]へ戻る
7.
クロス・エクセル機能で桐のデータをExcelに変換したら、電話番号の先頭の「0」が消えてしまいます

Excelは、基本的に「数字」で構成されたデータは、
「文字列」としてではなく「数値」として取り扱い、データ内容を判断して自動的に変換する
といった処理を行います。
このため、以下のような現象が発生します。これは桐とExcelの基本仕様の違いにより発生している現象です。

データ変換
Excel
解説
0008 8 0が削除される
8-1-1(8/1/1) 2008/1/1 日付表示になる
0123456789012 1.23457E+11 指数表示になる
回避方法

回避方法はバージョンによって異なります。

桐9-2009の場合

あらかじめ桐のデータを加工してからExcelシートの書き出します。
次の操作をお試しください。

  1. 変換する表ファイルを開き、項目名をクリックします。

    桐の表の項目名をクリック

  2. [編集]メニューの[置換]→[項目置換]を選びます。

    編集メニュー → 置換 → 項目置換
  3. [項目置換]画面で[値もしくは式]に次の式を入力し、[実行]ボタンをクリックします。

    "'"+[]
    ※上記文字列をコピーして、貼り付けてください。
    「"'"」は「"(ダブルクォート)'(シングルクォート)"(ダブルクォート)」です。

    [置換:項目置換]画面
  4. データの最初に「’(シングルクォート・アポストロフィ)」が付加されます。
    この状態で「クロス・エクセル機能」を実行してください。

    データの先頭に「'」を入力

  5. Excelのシート上で、桐と同じ内容であることを確認してください。

    Excelのシートでデータを確認

※桐データの先頭にある「'」を削除すると、Excelは「数値」としてデータを変換してしまいます。ご注意ください。

この回避方法をとると、Excelシートのセルの左上隅に三角のエラー表示をします。
このエラー表示は次の操作で無効にすることができます。

Excel 2007の場合

  1. 表示されているエラーチェック(エラーチェック)をクリックし、メニューから[エラー チェック オプション]をクリックする。

  2. [エラー チェック ルール]の[文字列形式の数値、またはアポストロフィで始まる数値]チェックボックスをOFFにする。

Excel 2003の場合

  1. 表示されているエラーチェック(エラーチェック)をクリックし、メニューから「エラー チェック オプション」をクリックする。

  2. [エラー チェック]の[文字列として保存されている数値]チェックボックスをOFFにする。

桐9-2009a の場合

「文字列優先項目設定」機能を利用します。
次の操作をお試しください。

  1. 変換する表ファイルを開きます。

    変換する表ファイル

  2. 「Excelファイル書き出し」を実行し、[Excelファイルの書き出し]画面の[文字列優先項目設定]ボタンをクリックします。

    Excelファイルの書き出し画面

  3. 電話番号の項目(TEL)をチェックしたのち[OK]ボタンをクリックします。
    この状態で「クロス・エクセル機能」を実行してください。

    文字列優先項目設定画面

  4. Excelのシート上で、桐と同じ内容であることを確認してください。
    なお、指定した項目(TEL)のデータは、「文字列式(="<値>"の形式)」で変換されます。

    Excelのシートでデータを確認

[質問と回答]へ戻る
8.
クロス・エクセル機能で日時型の桐データをExcelに変換すると、Excelでは「日付形式」を適用できません。桐の表示形式も反映されていません。

日時型のデータを書き出した場合、Excelで書式を変えることはできません。また、表示形式は固定(yyyy年mm月dd日 hh時mm分ss秒)となります。これは仕様上の制限事項ですのでご了承ください。

このような場合、別のセルでデータを日付型に変換してから、書式設定で表示形式を変えることができます。
以下の手順をお試しください。

  1. 日付データの隣のセルに、次の式を入力します。

    =DATE(LEFT(A2,4),MID(A2,6,2),MID(A2,9,2))

    ※ 「A2」は一例です。実際にはお客様のデータに合わせて指定してください。

    Excel画面:日付データの隣のセルに式を入力

  2. セルの右下にマウスカーソルを合わせ(カーソルが十字に変わります)、左ボタンを押したままドラッグします。

    Excel画面:マウスカーソルをドラッグ

  3. 目的のセルでボタンを放します。数式がコピーされ、日付型に変換されます。

    Excel画面:式がコピーされ、日付型に変換

  4. 「セルの書式設定」機能を利用して、希望する表示形式に変更します。

    Excel画面:日付型の表示形式を変更

[質問と回答]へ戻る
9.
桐ワークシートクエリーでExcelデータを変換すると、部分的にデータが抜けることがあります。

桐ワークシートクエリーでは、項目のデータ型を「項目名行の1行下から最大30行」を評価して決定します。
このため、31行目以降にそれまでとは違うデータ型の値がある場合、変換不能となりデータが抜けることになります。

【例】
Excelのシート:32行目にそれまでと違うデータ型の値がある 桐の表:データが抜ける

この例では桐の表の項目[Code No]の31行目のデータが抜けています。
これは、Excelデータの2行目~31行目は数値のみで構成されているため、桐ワークシートクエリーは項目[Code No]を「数値型データ」であると判断します。
しかし、32行目の「3100-1」は「文字列型」のデータなので、数値型の項目に読み込むことはできずに「データが抜ける」ことになります。

このように「データ型が違う」「有効範囲を超えている」などの理由でデータが抜けることがあります。 その場合は、変換の際にExcelデータの先頭にダミーのデータ行を設け、「桐でどのようなデータ型で処理すべきかを明示する」などの工夫をしてください。

【ダミーのデータ行を入れる】
Excelのシート:データの先頭にダミーのデータ行を設ける桐の表:文字列型と判断し、データが変換される

Excelデータの2行目に「Text」という文字を入れたため、桐の表の項目[Code No]は「文字列型」と判断されました。「3100-1」は文字列として変換され、抜けていません。
このような工夫をして、変換後に1行目のデータを削除してご利用ください。
[質問と回答]へ戻る
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。