「桐」ロゴ
桐を体験してみよう!-面倒なデータ転記編-

このページの準備は こちら から。

面倒なデータ転記編 -併合-

桐の表ファイル「会員名簿」と「送付状況」を使って、「会員名簿」に「送付状況」のデータを複写する方法を説明します。
ふたつの表の[会員ID]の項目(列)を照らし合わせ、一致するデータの送付状況を会員名簿に複写します。この機能を併合(へいごう)といいます。

  1. 「併合」フォルダー内の「会員名簿.tbx」ファイルと「送付状況.tbx」ファイルを開き、「会員名簿.tbx」のウィンドウをクリックしてアクティブにします。
    (通常は「会員名簿.tbx」を開いて操作しますが、ここではデータを確認できるように「送付状況.tbx」も表示します。)
    会員名簿の表と送付条件の表
    ※ ふたつの表を左右に並べて表示するには、[ウィンドウ]メニューの[左右に並べて表示]を選びます。
  2. [ファイル]メニューから[併合]を選びます。
    [ファイル]メニュー→[併合]
  3. [併合条件]画面で併合の条件を設定します。
    まず、併合のもとになる表を指定します。
    [併合元表]で [併合元表]アイコン(併合元表)をクリックし、[表の選択]画面で「送付状況.tbx」を選びます。
    [併合条件]画面
    ↓
    [併合条件]画面で併合元表を指定
  4. ふたつの表を照合する項目を指定します。
    [元表項目名]で「会員ID」を、[現在表]で「会員ID」を選び、[操作]で「照合」を選んで[ >(R) ]をクリックします。
    [併合条件]画面で照合する項目を選択
  5. つぎに複写する項目を指定します。
    [元表項目名]で「送付状況」を、[現在表]で「送付状況」を選び、[操作]で「複写」を選んで[ >(R) ]をクリックします。
    [併合条件]画面で複写する項目を選択
  6. 指定した内容を確認して[実行]ボタンをクリックします。
    [併合条件]画面で[実行]をクリック
    ↓
    会員名簿に送付状況のデータが複写されます。
    併合結果の表
  • 併合では複写のほかに、行(レコード)の追加や削除、データの加減乗除なども行えます。
  • [併合条件]画面で、[条件保存]アイコン(条件保存)をクリックすると併合条件を登録できます(50件まで)。繰り返し同じ条件で併合を行う場合に便利です。
  • 併合に関する詳細は、オンラインヘルプ をご覧ください。
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。