日本語データベースシステム 桐のサイト
桐10 の仕様 [仕様トップに戻る]
動作環境など データ型 表編集 結合表/外部DB
フォーム レポート 変数 一括処理/イベント 共有時機能
項目 仕様
OS

以下のOSで動作します。

  • Microsoft Windows 10 日本語版(32ビット/64ビット)
  • Microsoft Windows 8.1 日本語版(32ビット/64ビット)
  • Microsoft Windows 8 日本語版(32ビット/64ビット)
  • Microsoft Windows 7 SP1 日本語版(32ビット/64ビット)
  • Microsoft Windows Vista SP2 日本語版(32ビット)

◎注意:
64ビット版Windows環境で使用した場合でも、桐は32ビットアプリケーションとして動作します。
Windows RT/Mobileでは動作しません。

ファイル共有

桐のデータファイルを共有する場合は、次の「ファイルサーバー環境」が必要です。

  • 「Windows Server 2008」以上のWindowsサーバー
  • Windows 10/8.1/8/7/Vistaのピアツーピアサーバー

◎注意:
「ネットワーク接続ハードディスク(NAS:Network Attached Storage)」によっては、桐の一部の機能が正常に動作しない場合があります。
「Sambaファイルサーバー」には対応していません。

CPU/メモリ OSごとに必要とする環境以上を推奨
推奨:快適なご利用のために約1.0GBの空きメモリがあること
画面

XGA(1024×768)、ハイカラー(16ビット、65536色)以上

インストールに必要なハードディスクの空き容量

200MB以上

推奨:桐の運用のために2.0GB以上の空き容量があること

そのほかに必要な機器

マウスまたはポインティングデバイス
CD-ROMドライブなど(インストール時に使用)

互換性

桐9で作成したデータは、桐10のデータ形式に変換して使用することができます。
桐9で作成したデータを、桐9のデータ形式のまま使用することができます(制限事項があります)。

Excelとのデータ交換
  • Microsoft Excel 2016
  • Microsoft Excel 2013
  • Microsoft Excel 2010
  • Microsoft Excel 2007


◎注意:
Excelとのデータ交換には、対応するExcelが正常に動作する環境が必要です。 桐Excelブリッジを利用するには「.NET Framework 3.5」が必要です。

画像ファイル形式

BMP/JPG/GIF/PNG/TIFF

その他
  • すべての機種での動作を保証するものではありません。
  • マルチモニタには対応していません。
  • セキュリティソフトにより、桐の一部の機能が正常に動作しない場合があります。
  • タッチ操作は“タップ”と“ホールド”が使用できます。
  • ODBCドライバは32ビット版をお使いください。
  • 文字コードは「JIS X 0213:2004」の範囲で動作確認を行っていますが、ご利用のフォントによっては、「JIS X 0213:2004」のすべての文字を表示・印刷できない場合があります。
項目 仕様
文字列

8000文字

※索引の整列項目は2000文字まで

数値

±10の124乗(有効桁数:16 桁)

通貨

±10の124乗(有効桁数:16 桁)

整数

-32768 ~ 32767

長整数

-2147483648 ~ 2147483647

実数

±1.79769313486231e+308(有効桁数:15 ~ 16 桁)

日時

西暦1年1月1日0時0分0.000 秒 ~ 西暦 65535年12月31日23時59分59.999 秒

要素 値の範囲
1 ~ 65535
1 ~ 12
1 ~ 31
0 ~ 23
0 ~ 59
0 ~ 59.999

※和暦元号は明治、大正、昭和、平成に対応。

時間

- 65535日23時59分59.999秒 ~ 65535日23時59分59.999秒

要素 値の範囲
-65535 ~ 65535
-1572863 ~ 1572863
0 ~ 59
0 ~ 59.999
カウンタ

0 ~ 4294967295

ノート

  • カウンタ型が使用できるのは表だけです。
  • 実数型は、おもに外部データベースとのデータ交換で使用します。
  • 実数型の演算は、常に誤差が生じる可能性があるため、お金などの数値を扱うデータ型としては適しません。日常、扱う数値を格納する項目は、数値型または通貨型を使用してください。
項目 仕様
検索
項目 仕様
AND条件 最大128個
OR条件 最大10個
比較式 最大8000文字
絞り込み 255レベル / 表
行集計
項目 仕様
グループ数 最大10項目 / 行集計条件
集計レベル 総計、大計、中計、小計、小計1、小計2、小計3、小計4、小計5、小計6
転置集計 最大10グループ / 転置集計条件
ファイル共有

専有モード
共有モード
共有参照モード
参照モード

レコードロック

2000 レコード / 表(ただし、行追加を行う場合は1999 レコード以下)
置換と併合では、上記制限はありません。

表示幅 最大320mm
項目 仕様
ファイルサイズ 32767MB(約32GB) / 表
レコード数 約10億レコード / 表
レコード長 最大32,000byte / レコード
表題 最大64文字
作成者 最大64文字
利用者コード

定義利用者コード
更新利用者コード
参照利用者コード

項目名の長さ 1 64 文字
項目数 1 2000 項目 / 表
データ型と項目長
データ型 長さ
文字列 2 ~ 8000 文字(1文字 = 4 byte)
数値 2 ~ 10 byte
通貨 2 ~ 10 byte
整数 2 byte
長整数 4 byte
実数 8 byte
日時 16 byte
時間 16 byte
カウンタ 4 byte

※カウンタ型は、1 表につき、1項目のみ作成可能。

主キー 最大1項目 / 表
外部キー 最大10項目 / 表
参照整合性

主キー更新時の外部キー操作として、次のどれかを選択。

操作 選択肢
更新

参照項目も更新する
参照項目があるときは更新禁止

削除

参照項目も削除する
参照項目を未定義にする
参照項目があるときは削除禁止

制約

項目制約
行制約式
項目制約式
更新禁止
未定義値禁止
重複禁止(最大10項目/表)
字種
値集合
表引き
参照制約(参照整合性の定義)

値集合 最大100個 / 項目
表引き数 無制限
項目の列固定 20項目 / 表
処理条件
項目 仕様
条件名 1~64文字
条件数 各 50 個まで / 表
種類

表示条件
並べ替え条件
検索条件
単一化条件
重複行絞り込み条件
置換条件
行集計条件
転置集計条件
読み込み条件(表、テキスト、K3 フォーマット、CSV各50個)
書き出し条件(表、テキスト、K3 フォーマット、CSV、転置、表の枠組み、外部データベース各50個)
併合条件
履歴条件
一覧表印刷条件
グラフ条件
定義印刷条件

道具箱に登録できる条件数 最大20個
索引
項目 仕様
索引名 1 ~ 10文字
索引数 最大10索引 / 表(すべて自動保守)
項目数 最大10項目 / 索引

※文字列型の整列項目は先頭から2000文字まで

グラフ
項目 仕様
種別 標準棒、積上げ棒、構成比棒、折れ線、近似曲線、標準層、構成比層、多重円、並列円、標準レーダ、並列レーダ、散布図、株価、SD棒、SD折れ線
グラフサイズ 50 × 50 ~ 2048 × 2048 pixcel
表示項目数 400項目
表示レコード数 400レコード
表題文字列 64文字
キャプション 64文字
軸名称 32文字
単位名称 16文字
項目 仕様
結合可能な表ファイル数

最大50表 / 結合表
※対象表が結合表のときは、その対象表の個数も含まれる。

リレーションの設定個数

最大100個 / 結合表
※表が複数あれば、結合条件を設定していなくとも、対象表 -1 個を消費。

結合表のネスト 最大20レベル / 結合表
パラメータ変数の個数 最大16個 / 結合表
表題 最大64文字
作成者 最大64文字
利用者コード

定義利用者コード
更新利用者コード
参照利用者コード

項目名の長さ 1 ~ 64文字
項目 仕様
フォームのサイズ 0.2cm ~ 56cm
座標の最小単位 0.1points
表題 最大64文字
作成者 最大64文字
利用者コード 定義利用者コード
フォームの形式 カード、伝票、一覧表
ウィンドウの形式 チャイルド、オーバーラップ、ポップアップ
セクション ヘッダ、明細、フッタ
オブジェクト
項目 仕様
サイズ 0points ~ 1638points
種類

ラベル
テキスト
グループ項目
ピクチャ
コマンドボタン
グループボックス
トグルボタン
リストボックス
コンボボックス
バーコード(JAN、CODE39、CODE39(CC)、NW-7、新郵便番号、ITF、物流コード、UCC/EAN-128、EAN-128、料金収納EAN-128
サブフォーム
グラフ(7個まで)
直線
矩形(角丸め)
楕円
扇形

オブジェクト名 64文字
※名前の先頭に数字は使用できません。
ソース 最大8000文字 / オブジェクト
強制改行文字/あふれ改行文字 最大64文字
編集属性式 最大8000文字
  ※バーコードのUCC/EAN-128は、2006年からGS1-128と名称が変更されています。
サブフォームの入れ子

最大4階層まで
※メインフォームを1として数えた階層数

リンク

主表とのリンク

項目 仕様
項目数 最大 50 項目 / 表
文字数 1 ~ 200 文字
表示倍率 10% ~ 200%、ポイント/ピクセル、ウィンドウに合わせる
項目 仕様
用紙サイズ 7.6cm ~ 56cm
座標の最小単位 0.1points
ページ番号 -32768~32767
印刷部数 9999
レイアウトページ数 最大99枚
マスターページ数 最大99枚
ページ名 (自動生成)
表題 最大64文字
作成者 最大64文字
利用者コード 定義利用者コード
オブジェクト
項目 仕様
サイズ 2mm ~ 420mm
オブジェクト数 最大1000個
種類

ラベル
テキスト
集計項目
単票
一覧表
伝票
タイル
ピクチャ
バーコード(JAN、CODE39、CODE39(CC)、NW-7、新郵便番号、2次元QRコード、ITF、物流コード、UCC/EAN-128、EAN-128、料金収納EAN-128
グラフ
直線
矩形(角丸め)
楕円

ソース 最大8000文字
フォントサイズ 4points ~ 1600points
強制改行文字/あふれ改行文字 最大64文字 / オブジェクト
印字属性式 最大8000文字 / オブジェクト
  ※バーコードのUCC/EAN-128は、2006年からGS1-128と名称が変更されています。
単票オブジェクト
項目 仕様
集計レベル 総計、大計、中計、小計
一覧表オブジェクト
項目 仕様
項目数 最大255項目 / オブジェクト
セクション

開始ヘッダ
段抜きヘッダ

フリーファイルヘッダ
ファイルヘッダ
フリーページヘッダ
ページヘッダ
集計ヘッダ(大計、中計、小計、小計1 ~ 小計6)
項目名
明細
集計フッタ(小計6 ~ 小計1、小計、中計、大計)
ページフッタ
フリーページフッタ
ファイルフッタ
フリーファイルフッタ
段抜きフッタ
終了フッタ

行数 最大255行 / セクション
分割数 横1 ~ 10 × 縦1 ~ 10
境界行の高さ 最大10mm
集計レベル 総計、大計、中計、小計、小計1、小計2、小計3、小計4、小計5、小計6
伝票オブジェクト
項目 仕様
項目数 最大255項目 / オブジェクト
セクション

段抜きヘッダ
フリーページヘッダ
ページヘッダ
明細
ページフッタ
フリーページフッタ
段抜きフッタ

行数 最大 255 行 / セクション
分割数 横 1 ~ 10 × 縦 1 ~ 10
境界行 最大 10mm / 行
集計レベル 総計、大計、中計、小計、頁計
タイルオブジェクト
項目 仕様
分割数 横1 ~ 208 × 縦1 ~ 208
繰り返し印字 1 ~ 99 / レコード
集計レベル 総計、大計、中計、小計
リンク
項目 仕様
項目数 最大19項目 / 表
文字数 1 ~ 200 文字
表示倍率

定義時: 25% ~ 200%、用紙全体
プレビュー:用紙全体、等倍、1/2、指定分割

項目 仕様
変数名

64文字

ただし、変数の名前につぎの文字を含めることは不可。
,.:;?!'"^`_|/~()[]{}+-*=<>\$%#&@
,.:;?!’”^|_/~()[]{}+−±×÷=≠<>≦≧¥$%#&*@
JIS:2D21 ~ 2D7F

種別 組み込み、共通、固有、局所、自動
データ型 文字列、数値、通貨、整数、長整数、実数、日時、時間
配列要素数 1 ~ 16384(理論値)
サイズ

組み込み変数+共通変数: 512KB (最大)
固有変数: 1024 KB (最大)
自動変数+局所変数:フォームウィンドウ単位で 2048 KB (最大)

項目 仕様
1行の文字数 8000文字 / 行
継続行の文字数 512KB / 継続行
参照表 15個の表を保存 / コマンドファイル
表題 64文字
作成者 64文字
計算式の入れ子 30重
制御構造の入れ子 128重
手続きの入れ子 100重
ライブラリ 8ファイル / 一括処理
フォーム イベント

フォーム開始、フォーム終了
マウス移動、マウスインアウト、マウス左アップ、マウス左ダウン、マウス左クリック、マウス右アップ、マウス右ダウン
レコード移動、グループ移動
行挿入開始、行挿入終了、行挿入終了前、行挿入エラー、行訂正開始、行訂正終了、行訂正終了前、行訂正エラー、行削除開始、行削除終了
グループ検索開始、グループ検索終了、グループ値訂正開始、グループ値訂正終了、グループ追加開始、グループ追加終了
選択値更新、ソース値更新、入力前、入力後、編集文字列変更、編集開始
フォーカス取得、フォーカス喪失
入力支援オープン、入力支援クローズ
キーアップ、キーダウン、キー入力、システムキーアップ、システムキーダウン
タイマー1、タイマー2

Microsoft、Windows、Excel、Office 365は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。