XDS地域医療連携システム

地域連携のネットワーク

診療情報の標準化

一般に地域医療連携ネットワークでは、医療ネットワークに参加する施設間で、各HIS(院内情報システム)からの診療データをもとに、電子的な標準形式の診療情報を、患者の移動にともない伝達し、共有することが不可欠です。
そのためには、連携パスの標準化とともに、連携パスに対応した診療情報(ドキュメント)などの標準化が求められ、その実現が課題になっています。

連携情報項目については、医療者を中心にした標準化をまたなければなりませんが、ITシステムとしては、その結果を統一的に処理可能な標準的な医療ドキュメントに変換することが求められています。

HL7CDA R2による医療ドキュメントの標準化

HL7CDA R2は、HL7で制定された国際的な医療ドキュメントの標準形式です。
CDAは、日本国内でも、診療情報提供書や特定健診のデータ交換形式として広く採用されています。
連携パスに必要な情報項目は、対象の疾患ごとにそれぞれ多岐にわたります。
弊社は、多様なCDAドキュメント対して、簡便にCDA文書に変換する仕組みを開発し提供しています。

 

ポリシーについて