XDS地域医療連携システム

地域連携のネットワーク

連携モデル  

基本モデル
電子カルテ情報等の共有型の連携システム

地域連携には、人と人のネットワークの形成が欠かせません。その最初のステップとして、紹介状と電子カルテ(画像、検査データなど含む)の情報の共有から始め、次のステップとして段階的に連携パスの支援などに移行することもできます。
弊社は、その導入システムとして、各病院間の患者IDの管理、および地域医療連携のための医療情報の共有を目的とし た基本モデルを構成、提供できます。

発展モデル
医療、看護、介護、福祉の連携システム

今日、少子高齢化にともない医療と介護の連携が重要な政策課題となっています。将来の地域連携ネットワーク基盤としては、医療、看護、介護、福祉などの多施設、多職種、多医療サービス参加型の情報連携が求められています。
弊社は、標準的な医療情報の共有化をベースに、それらの仕組みを応用して、看護情報、介護、福祉情報の連携システムへの発展を目指しています。

ポリシーについて