ホーム

Lian(リアン)

lian_top.png lian_top_m.png

Lian(リアン)は、 医療型障害児入所施設(重心)向けに障がい児に対する専門的な医療業務の支援に加え、日常生活の指導や自活に必要なリハビリテーションや通園などの福祉業務を統合した電子カルテです。

施設内の基幹システムとして運用することで、医師、看護師、技師、薬剤師、リハビリテーションなど福祉職員、事務員などの施設内情報で情報が共有され、 チーム医療を推進し、業務の効率化をお手伝いします。


施設の 業務に合った電子カルテが欲しい

要望を聞いてくれるメーカーはないの?

電子カルテを
すぐに使いたい

電子カルテ導入を 安くおさえたい


problem1.png

problem2.png

Lian (リアン)なら、すべて  解決 します!

ご要望に応じて2つの製品ラインアップからお選びいただけます。


施設が目指すIT化を実現

Lian (リアン) プレミアム

施設様の業務スタイルや、多くのノウハウに合わせ、 より使い勝手の良いシステムを提供します。さまざまなシステムを個別導入するよりも、圧倒的に コストパフォーマンスの高い電子カルテを提供します。

1病棟専用ですぐにベストなものが使える

Lian (リアン) One

電子カルテ、オーダリングシステムの基本機能に加え、長年の医療現場での知識により選定された重心や福祉部門に必要な機能を 標準で提供します。 すぐに、安く、電子カルテを使い始めることができます。




資料請求、お見積もり、ご相談など
お気軽にお問い合わせください


特長 1現場が求めるすべての機能を

長年の導入実績で培った医療型障害児入所施設(重心)特有の医療と療育に必要な機能がすべて含まれています。お客様のご意見やご要望を積極的に取り入れ、 現場に寄り添った機能がそろっているため、安心してお使いいただけます。
医療や看護、介護、福祉が情報を共有することで、ケア・介助の両面から利用者さんの状態を把握しやすくなり、 チーム医療としての質の向上を促進することができます。

特長 2抜群の使いやすさ

使う人・使う用途ごと合わせた最適なユーザーインタフェースです。
医師、看護師、リハビリテーションなど担当業務に合わせた操作や、現場の声から生まれた便利な操作で、導入からすぐに「使いこなしてる!」利用がはじまります。

特長 3すべてのデータはリアンに/すべてのデータはリアンから

Lian(リアン)は利用者の基本情報を中心に、診療データやケアの状況、個別支援計画など さまざまな情報を集約するプラットフォームです。さらに、検査システムなど外部システムとの連携も可能であり、Lian(リアン)から検査結果など閲覧することができます。

feature
function1
function2
function3
function4
function5
function6

指示切れのオーダが一目で確認できます

function7

リハビリ担当者ごとの週間予定が
閲覧・登録できます

外部システムとの連携は相手を問いません

外部システムとの連携については、接続する相手側の仕様が開示される限り、 メーカやシステム・機器を問いません 。検査部門システム、調剤システムとの連携はもちろんのこと、検査機器そのものとの接続事例もあります。
    • 医事
      • ・医事会計

      • ・障害福祉請求

      • ・歯科レセプト
    • 検査
      • ・外注検査

      • ・検査システム

      • ・検査機器

      • ・放射線(PACS)

      • ・脳波・心電図ビューア
    • 薬局
      • ・処方チェックシステム

      • ・調剤システム(分包機)

      • ・薬情印刷
    • 看護
      • ・ナースコール

    • 栄養
      • ・給食システム

    • 地域連携
      • ・地域医療連携(SSMIX対応)


大切なデータの保護と安全なセキュリティ対策

施設の目的に合った最適な医療情報システムの構築や、データの保護対策など、安心してシステムをご利用いただくためのコンサルティングをご提供します。
データ保護

・ウイルス対策
・デバイスの使用制限
・スクリーンロック
・バックアップ(世代管理・外部装置・クラウド)

ソフトウェア

・利用者認証
・利用権限の設定
・操作ログの記録

ハードウェア

・遠隔障害監視
・耐障害性(二重化)
・定期メンテナンス

ネットワーク設計 その他

・ネットワーク設計
・セキュリティ対策
・BCP(事業継続計画)
・情報リテラシー教育


株式会社管理工学研究所は、事業者等の個人情報保護の体制や運用が適切であることを示すプライバシーマークを取得しています。


その他の導入事例


医療型障害児入所施設・療養介護
茨城県 60床

・リハビリ(PT・OT・ST)
・短期入所
・生活介護/児童発達支援/機能訓練(通園・通所)
・周辺関連施設あり

医療型障害児入所施設・療養介護
大阪府 100床

・リハビリ(PT・OT・ST)
・短期入所
・生活介護/児童発達支援/放課後デイサービス(通園)
・訪問看護
・保育所等訪問支援
・周辺関連施設あり

医療型障害児入所施設・療養介護
大阪府 400床

・リハビリ(PT・OT・ST)
・短期入所
・生活介護(通園)
・周辺関連施設あり




  • 1
    お問い合わせ・ご相談
    ホームページよりお問い合わせください。
    Zoomなどを使って製品をご説明させていただきます。
  • 2
    ご提案・お見積り
    施設の規模やサービスに応じてご提案・お見積りいたします。
  • 3
    ご契約
    ご購入が決まりましたら、ご契約の手続きを行います。
  • 4ヒアリング・導入準備
    現在の業務内容やカルテの運用などをヒアリングし、導入時・導入後の業務についてご相談させていただきます。
    また、職員への操作説明会やリハーサルを実施することによりスムーズな運用開始を支援いたします。
  • 5運用開始
    導入直後は現地に弊社スタッフが常駐し、直接お問い合わせに対応させていただきます。
  • 6業務支援・保守改善
    定額の改善サービスをご契約いただくと診療報酬改定や医療改定への対応、またデータ出力など個別のご要望に対応させていただきます。
support1

メール

夜間など時間を気にすることなくいつでも受け付けております

support2

お電話

ユーザーサポート担当者がていねいにご説明いたします

support3

遠隔サポート

リモートアクセス回線による遠隔保守で稼働時のトラブルも迅速に解決します


紙カルテに比べて電子カルテのメリットは?

法令によりカルテの保存期間は5年間と義務付けられています。 しかし医療型障害児入所施設(重心)の場合、10年、20年以上にわたって長期保存することも珍しくありません。
カルテ情報を紙で保存するためには膨大な保管スペースが必要ですが、 電子化すればこれが不要になります。 また、カルテを探す手間や搬送する手間など、紙ベースで必要な運用コストも電子カルテには 必要ありません。
カルテが電子化され、ネットワークで共有できることだけでも、 紙カルテにはない多くのメリットがあるため、病院業務全体として効率化が実現できます。

・いつでもどこでも即時に閲覧・記載できる
・他のスタッフが使用中でも同時に閲覧・記載できる
・記載内容を簡単にコピーできる
・記載内容を誰もが判読できる
・簡単に瞬時に検索・絞り込みできる
・転記ミスなどによるアクシデントを少なくできる

個人情報漏洩などへのセキュリティ対策は?

ネットワークを利用する際のユーザー認証とは別に、Lian(リアン)を利用するための独自の ユーザー認証機能を配備してセキュリティ強度を高めています。また認証をパスした ユーザーでも、ユーザーグループごとに細かく設定された権限に従って、利用できるデータの 種類や参照・書き込みの別、利用可能な操作の種類などが制限されます。

これらの施策により、個人情報漏洩などのリスクを 最小限にすることができます。さらに病院全体で万全の情報セキュリティ対策を実現するためのセキュリティサービス(オプション)もご用意しています。

電子カルテシステムを使いこなせるかどうか不安です。

電子カルテシステムの導入の成否は、実際のユーザーとなる施設スタッフの意識と 理解の向上にかかっています。そこでLian(リアン)では、15年以上の実績に基づいた効果的な 導入支援サービスを用意しています。

それぞれの部局の業務に適したわかりやすい操作説明書と効果的なトレーニング・ サービスは、基本的なタッチタイプから入力方法、各種システムの操作や便利な使い方指導まで、 電子カルテに必要な知識を余すところ無くお伝えします。




2022年08月

Raporte(ラポルテ)のWebサイトをリニューアルしました。



資料請求、お見積もり、ご相談など
お気軽にお問い合わせください

このページのトップへ