「桐」ロゴ
Windows 8.1/8に桐をインストールするには

「桐9-2012 更新プログラム」をご利用になるには、まずお手持ちの「桐9-2009/2007/2006/2005/2004、桐ver9(以下、桐9)」をWindows 8.1/8にインストールしていただく必要があります。
以下の手順に従って、インストールしてください。
※「桐ver9シェアウェア版」をご利用のお客様は、こちら を参照してください。

  1. CD-ROMドライブに桐のCD-ROMをセットすると、次の画面が表示されます。この画面をクリックしてください。
    最初に表示される画面
    ※ この画面は数秒で消えてしまいます。ご注意ください。
  2. どちらかの[自動再生]画面が表示されます。
    自動再生画面 自動再生画面
    [STARTUP.EXEの実行]あるいは[SETUP.EXEの実行]をクリックしてください。
  3. 次に[ユーザー アカウント制御]画面が表示されます。
    ユーザー アカウント制御画面
    [はい(Y)]をクリックしてください。
  4. 桐9の[セットアップメインメニュー]が表示されますので、あとは『導入ガイド』に従って桐9をインストールしてください。

■サンプルデータに関する注意
[セットアップメインメニュー]にある「桐のサンプルデータ追加」は、桐9のインストールと同時に行ってください。
「更新プログラム」適用後に「サンプルデータ」をインストールする場合は、「桐9-2012のCD-ROM」が必要となります。

■クロス・エクセル機能を利用するには
クロス・エクセル機能を利用するためには、ご利用のコンピューターに「.NET Framework 3.5」がインストールされている必要があります。
「.NET Framework 3.5」が組み込まれていない場合は、次の手順でインストールしてください。
※ インターネットに接続する必要があります。

  1. 【デスクトップ画面】を表示し、キーボードの[Windowsロゴ]キーと[i]キーを同時に押します。画面の右にメニューが表示されるので[コントロールパネル]をクリックします。
    メニューからコントロールパネルをクリック
  2. [コントロールパネル]の[プログラム]をクリックします。
    コントロール パネル
  3. [プログラムと機能]にある[Windows の機能の有効化または無効化]をクリックします。
    プログラム画面
  4. [.NET Framework 3.5(.NET 2.0 および 3.0を含む)]チェックボックスにチェックを入れ、[OK]ボタンをクリックします。
    Windowsの機能画面
  5. [Windows Update からファイルをダウンロードする]をクリックします。
    Windowsの機能画面
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。