「桐」ロゴ
Windows Vistaに桐をインストールするには

「桐9-2012 更新プログラム」をご利用になるには、まずお手持ちの「桐9-2009/2007/2006/2005/2004、桐ver9」をWindows Vistaにインストールしていただく必要があります。
インストールの際、Windows Vistaのセキュリティ機能により、次の画面が表示される場合があります。
以下の手順に従って、インストールを行ってください。
※「桐ver9シェアウェア版」をご利用のお客様は、こちらを参照してください。

  1. CD-ROMドライブに桐のCD-ROMをセットすると、どちらかの[自動再生]画面が表示されます。
    自動再生画面 自動再生画面

    [STARTUP.EXEの実行]あるいは[SETUP.EXEの実行]をクリックしてください。

  2. 次に[ユーザー アカウント制御]画面が表示されます。
    ユーザアカウント制御画面

    [許可(A)]をクリックしてください。

  3. 桐の[セットアップメインメニュー]が表示されますので、あとは導入ガイドに従って桐をインストールしてください。

    注意!
    Windows Vistaではセキュリティが大幅に強化された関係で、管理者以外のユーザには「C:\Program Files」下のフォルダ内のファイルを操作する権限がありません。
    このため、「C:\Program Files」にあるファイルを直接編集・保存することはできません。

    Windows Vistaをお使いの方は、「C:\Program Files」フォルダへ桐をインストールしないようお願いいたします。
    標準の「C:\K3」フォルダへのインストールをお勧めします。

    ※データファイルの保存先に「C:\Program Files」下のフォルダを設定しないようにしてください。

←このウィンドウを閉じて次に進む
Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。