2020年7月21日

学校単位での利用に最適な時間割作成ソフト、『YELL(エール) for School』を発表します

YELL for School

『使いやすいUI + 高性能な時間割作成 + 時間割業務を減らす管理・運用機能』

教務・校務の年間スケジュールとのすりあわせや、突発的な都合にあわせた時間割の変更など、時間割に関する先生の作業は一年を通じて途切れることはありません。

「時間割の作成だけではなく、そのあとの作業まで支援して欲しい」

そのような先生方からの要望にお応えして、使いやすさに定評がある時間割作成ソフト『YELL(エール)』に、HEURiS校務支援システムで培った高度な時間割作成機能と管理・運用機能を追加。 一年を通じて発生する時間割関連の作業から先生を解放します。

『学校単位のライセンス体系 + 複数の先生で同時に使えるマルチユーザー機能』

『YELL(エール) for School』ではインストール台数や使用数に応じて費用が発生する従来型のライセンスに代えて、学校ごとにライセンスを付与する一括ライセンス『スクールライセンス』を採用しました。
これにより『YELL(エール) for School』を1ライセンス購入した学校様では、最大100クライアントまでインストール・使用いただけます。

さらに『YELL(エール) for School』では複数の先生が同時に入力・操作を行えるマルチユーザー機能をサポート。 スクールライセンスによる『100台までインストール・使用OK』との組合せで、時間割に関連する業務を学校内で広く・薄く分担することが可能になります。

『YELL(エール) for School』の主な特長

年間スケジュールを時間割に反映する『時間割登録機能』

休日を設定したカレンダーと、学校行事の予定を別途YELLに登録しておくと、基本となる時間割と組合せて休日・行事を反映した週単位の時間割(週間時間割※)を作成することができます。

時間割登録機能

突発的な予定変更に対応する『一時変更機能』

年間スケジュールで予定できない突発的・一時的な理由による授業変更を、週間時間割に反映する機能です。 授業の変更案を自動的に検索する「週間時間割自動変更画面」と、手動で時間割を変更する「週間時間割手動変更画面」の2種類の方法を用意しています。

時間割の一時変更

同時に複数の先生が使用できる『マルチユーザー機能』

時間割を作成するにはクラスや教員、教室、教科科目のなどの事前設定が必要です。 ここを手分けして入力したい、そのようなご要望にお応えするために同時に複数の先生にお使いいただけるマルチユーザー機能を導入しました。
データはすべて同一のデータベースに格納されるので、先生が同時に作業をされてもデータの食い違いなどは発生しません。
もちろんマルチユーザー機能ではデータ入力だけでなく『YELL(エール) for School』の全機能がご利用いただけます。 学年ごとに分かれて時間割の作成・確認をする、先生ご自身が出張に合わせて時間割の一時変更を行う等々、時間割作成に関する業務を手分けして行うことが可能になります。

発売予定日

2020年9月下旬を予定しています。

ライセンス形態・価格

スクールライセンス(学校様向け一括ライセンス)。
1ライセンスで100クライアントまでインストール・使用可能。

新規導入版 30万円(税別)
乗り換え版 15万円(税別)
  • 乗り換え版はYELLシリーズをご利用のお客様および何らかの時間割作成ソフトウェアをお使いの方への特別商品です。
    適用条件の詳細は、発売時に正式にお伝えします。

お問い合わせ

メール
電話・FAX TEL 076-265-4666   
FAX 076-265-4669
担当 基村、山口