「桐」ロゴ
桐移行ガイド(旧バージョンからの移行に関して)
はじめに

ここでは桐ver9、桐9-2004、桐9-2005、桐9-2006、桐9-2007、桐9-2009、桐9-2012、桐9sを総称して桐9と記述します。

桐10では桐9のファイルを扱うことができます。桐9のファイルはそのまま開くこともできますが、その都度変換処理が発生してオープン・クローズに時間がかかる他、共有で使用できないなどの制限もあります。なるべく桐コンバータで桐10形式に変換してからお使い頂くことをお勧めします。

なお、桐ver8以前のファイルは桐10で扱うことができません。桐ver8以前のファイルは桐コンバータで桐10形式に変換してからお使いください。

つぎに桐10に移行する際の手順や注意点をまとめます。

ページトップへ↑

桐10の拡張子

桐10から、ファイルの拡張子の末尾が「x」に変わります。具体的には、つぎの拡張子が変わります。

【表1】ファイルの拡張子

ファイルの種類 拡張子
桐9 桐10
.tbl .tbx
結合表 .viw .vix
外部データベース定義 .xvw .xvx
フォーム .wfm .wfx
レポート .rpt .rpx
一括処理 .cmd .cmx
イベント処理 .kev .kex
k3フォーマットファイル .k3 .k3x
変数ファイル .var .vax

たとえば今まで使用していた「JUSHO.TBL」は、桐10形式に変換すると「JUSHO.TBX」になります。

ページトップへ↑

桐9のファイルをそのまま使用する

桐10で桐9のファイルを開き、編集することができます。実際にはファイルを開く際、桐9のファイルを桐10形式に変換し、閉じる際に再度桐10の形式から桐9の形式に変換するため、サイズの大きなファイルを扱う際には時間がかかります。
また、桐9のファイルを扱うときは、つぎの制限がありますのでご注意ください。

ページトップへ↑

旧バージョンのファイルを桐10形式に変換する

桐9のファイルは桐コンバータを使用して桐10形式に変換することで、すべての機能が使用できるようになります。
また、桐ver6から桐ver8のファイルは、桐コンバータを使用して桐10形式に変換することで、桐10で使用できるようになります。
桐コンバータを使用するには、つぎの手順で操作します。

  1. 桐10を起動し、[ツール]メニューから[桐コンバータ]を選びます。
  2. [桐コンバータ]画面がでてきます。
    [...]ボタンをクリックして変換元のフォルダを指定し、[変換]ボタンをクリックします。
    変換を実行すると、変換元のファイルは「<フォルダ名>.<作成日付>_<作成時刻>.bak」形式の名前のフォルダにバックアップします。

    変換元のフォルダを指定してください
    [...]ボタンをクリックし、旧バーションのファイルを保存しているフォルダを指定します。
    サブフォルダも変換する
    サブフォルダ内のファイルも変換する場合にチェックします。
    [詳細ログ]ボタン
    ファイルごとの変換結果を表示します。
    つぎに、エラー時の対処方法をまとめます。
    【表2】エラーの詳細
    失敗 … ファイルを開くことができません(他のプログラムが使用中の可能性があります)
    桐などでファイルを開いています。桐を終了してから実行してください。
    失敗 … ファイルを作成することができません(フォルダの属性や権限を確認してください)
    変換元のフォルダやファイルをフルコントロールできる状態にしてから、再度変換してください。
    中止 … 変換対象外のファイルです(セキュア化されています)
    ファイルのセキュア化を解除してから変換してください。
    中止 … 変換対象外のファイルです(桐5以前の桐ファイル)
    桐5以前のファイルは変換できません。桐9形式に変換した後、作業してください。
    失敗 … 変換後のエンジン処理でエラーが発生しました
    ファイルが壊れている可能性があります。桐9でファイルを修復してから作業してください。
    失敗 … 変換に失敗しました(ERRCODE=-xxx)
    ファイルが壊れているか、ディスクが損傷している可能性があります。桐9でファイルを修復してから作業してください。
    [過去ログ]ボタン
    過去に変換した内容を参照します。
    ※注意事項※
    • 桐ver6~桐ver8の表をコンバートして最初に開いたとき、何も更新していなくとも[上書き保存]ボタンが有効になります。これは、表を開いた際にデータ以外の部分を更新したために有効となったもので、正常な動作です。そのまま保存してください。
    • コンバートした桐ver6~桐ver8のフォームは桐10sではそのまま使用できますが、桐10で使用する場合には、つぎのようなメッセージが表示されます。

      このメッセージが表示された場合は、桐10sで再定義を行い、フォームを保存し直してください。

ページトップへ↑

拡張子の読み替え

桐コンバータではファイルの拡張子を桐10形式に変換しますが、定義に含まれる処理条件や計算式、表引き条件の拡張子までは変更しません。たとえば「売上.tbl」で「商品.tbl」を表引きで使用していたとします。これらの表をコンバートすると、ファイル名が「売上.tbx」と「商品.tbx」に変わります。ただし、「売上.tbx」の表引きの定義は「商品.tbl」のままです。

桐10では、桐10形式のファイルを開くと、そのファイルで操作するファイルもすべて桐10形式と判断し、桐9の拡張子を指定しても桐10の拡張子に読み替えます。具体的には、つぎの機能で拡張子の読み替えを行います。

【表3】拡張子を読み替える機能
分類機能
表引き
読み込み
書き出し
併合
レポート印刷
使用フォーム
フォーム 参照表
編集対象表
コマンドボタン
サブフォーム
イベント処理ファイル
レポート リンク表
対象表
一括処理
イベント処理
結合
編集表
読み込み
書き出し
併合
レポート印刷
使用フォーム
ウィンドウ作成
フォーム呼び出し
フォーム選択(メソッド)
エクセル
ファイル変換
一括処理実行
ライブラリ
一括書き出し
一括読み込み
表検査
表修復
変数読み込み
変数書き出し
その他 ファイル変換
関数 #表引き
#表引き2

たとえば、「商品.tbx」で併合元表に「売上.tbl」を指定しても、「売上.tbx」に置き換えて実行します。

次のコマンドと関数は、環境設定で拡張子の読み替えを行うかどうか設定できます。

【表4】拡張子の読み替えを行う かどうか選択できる機能
分類 機能
一括処理
イベント処理
ファイル複写
ファイル更新
ファイル削除
ファイル移動
ファイル名変更
関数 #表番号取得
#表オープン状態
#ファイル属性
#ファイル検索
#表ファイル名

なお、#ファイル名#ファイルサイズについては拡張子の読み替えを行いませんので、必要に応じて変更してください。

ページトップへ↑

文字コードについて

桐10では、開いているファイルが桐10か桐9かによって、扱うファイルの文字コードが決まります。具体的には、つぎのようになります。

【表5】機能を実行する際の文字コード
分類 機能 桐9 桐10
読み込み JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
テキスト シフトJIS シフトJIS、UTF-16
K3フォーマット シフトJIS(.k3) UTF-16(.k3x)
CSV シフトJIS
書き出し JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
テキスト シフトJIS UTF-16
K3フォーマット シフトJIS(.k3) UTF-16(.k3x)
CSV シフトJIS
転置 JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
表の枠組 JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
併合 JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
一覧表印刷 HTML出力 UTF-8
レポート印刷 HTML出力 UTF-8
変数管理 シフトJIS、UTF-16(.var、.vax)
一括処理
イベント処理
表作成 JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
印字 シフトJIS シフトJIS、UTF-16
エクセル JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
ファイル変換 JIS(.tbl) Unicode(.tbx)
一括書き出し シフトJIS UTF-16
一括読み込み JIS(.cmd) Unicode(.cmx)
変数読み込み シフトJIS(.var) UTF-16(.vax)
変数書き出し シフトJIS(.var) UTF-16(.vax)

たとえば、桐10の表からテキスト書き出しを行うと、書き出したテキストファイルの文字コードはUTF-16になります。桐9の表からテキスト書き出しを行うと、書き出したテキストファイルの文字コードはシフトJISになります。
また、桐10の表で読み込める表は桐10の表のみ、桐9で読み込める表は桐9の表のみとなります。

なお、一括処理の場合であっても開いている表のバージョンに応じて文字コードが決まりますが、表5のコマンドについては実行した一括処理が「.cmd」の場合に桐9、「.cmx」の場合に桐10として文字コードを扱います。

ページトップへ↑

外字について

桐10では Windows版の桐で使用していた外字をそのまま使用できます。桐10はシフトJISとUnicode間で外字領域を自動変換します。

なお、MS-DOSで使用していた外字領域は桐10で扱うことができません。MS-DOS版の桐から変換する際はご注意ください。

ページトップへ↑

桐10sのファイルを桐10で使う際の注意事項

桐10sで追加された機能を使用したファイルを桐10で使用する場合、つぎの点にご注意ください。

ページトップへ↑

Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。