ホーム >  製品・サービス/時間割作成ソフト『YELL(エール)』 > 『YELL‐2019(エール)』の新機能

『YELL-2019(エール)』の新機能

 

『YELL-2019(エール)』は、大きな時間割作成がはじめての先生にも安心をお届けします。
指示に従って入力していくだけで授業をまとめて作れる授業作成ウィザードの使い勝手を大きく向上。選択コマ関連情報の履歴表示とあわせて、「学校全体の時間割は初めて」という先生も安心して使えるYELLに仕上がりました。

『YELL-2019(エール)』の新機能についてご紹介します。

授業作成ウィザードの操作性向上

授業作成ウィザードで複数の授業を対象に時間数、担当教員、使用教室を一括設定できるようになりました。

時間数や担当教員、使用教室が同じ授業を複数選択して一回の操作でまとめて設定できるので、授業作成の作業時間を短縮できます。

時間数の一括設定の例

時間数の一括設定の例

 

担当教員の一括設定の例

担当教員の一括設定の例

 

コマ盤UIの選択コマ関連情報の履歴表示

コマ盤UIで選択したコマの関連情報を履歴表示するようになりました。

コマを順に選択してそのコマの担当教員と使用教室の時間割を縦に並べて確認できますので、時間割変更(コマの移動や入替)を検討する際に役立ちます。


選択コマ関連情報の履歴表示

選択コマ関連情報の履歴表示