なぜYELL(エール)?

はじめての先生にも使えるから

無理なく時間割作成のノウハウを引き継ぎたい。
問題 公立学校なのでそろそろ時間割担当が異動してしまう。日々忙しくて時間割作成についての引き継ぎもできない状況だ。
結果 時間割作成の一番の勘所、コマ入れは時間割作成ソフト『YELL(エール)』が引き受けますので、先生方は『YELL(エール)』の操作という形で引継ぎを行っていただけます。

『YELL(エール)』ならこうなります:
  1. 事前準備は複数の先生が分担して条件を入力。もちろん去年の時間割データがあれば、その変更で済みます。
  2. コマ入れは『YELL(エール)』のヒューリ スエンジンが自動実行。
  3. 最終調整は『YELL(エール)』の提供する視認性・操作性に優れたコマ盤UIを使って、先生同士で確認しながら実施。
時間割の作成作業を改善したい。
要望 年々、時間割が複雑になってきている。毎年5人の先生で1週間かけて作成しているが、時間的な制約が厳しく、担当の負担が大きくなっている。少しでも改善して、かかる時間を他の校務に回したい。
結果 1週間かけていた時間割作成作業が、2日に短縮されました。
時間割作成のノウハウを引き継ぎたい。
要望 大規模校で時間割が複雑になっている。さらに、時間割作成担当が退職し、引き継ぐ教員がいないので困っている。新人が1週間で仕上げる必要がある。
結果 時間割作成にはノウハウが必要で、作成する担当者が固定されてしまうのが現状です。 『YELL(エール)』を導入すれば、本当に難しい「条件を満たす良い組合せを探す」事をソフトウェアに任せることができ、作成時間を大幅に短縮することができます。

難しい時間割でも大丈夫だから

時間割作成時の条件を自由に変えたい。
要望 現在、時間割作成のソフトウェアを導入しているが、作成時に先生やクラスの条件を変えながら行いたい。
結果 難しいコマから段階的に作成したり、制約条件を途中で変更したり、試して結果が良くなければ戻すといった操作を可能としました。最終的にどうしても残り易い合同授業は、途中の組み替えも可能としました。
カリキュラムの変化に、手作業では対応できなくなってきた。
要望 少子化対策により、生徒が満足できるカリキュラムが必須となり、新たなコースを導入したり 男女共学に移行してきたが、その分時間割が複雑になり手作業では間に合わなくなってきた。
結果 『YELL(エール)』は複雑な授業形態(合同授業、選択授業、習熟度別授業、TT授業など)に全て対応しています。 この複雑な授業形態の設定も簡単に行う事ができ、設定さえ行えば20分ほどで時間割の最終調整に取りかかれます。
経費削減のために要求事項が多くなり、時間割が組めなくなってきた。
要望 非常勤講師の割合が増え、授業の時間的な制約が強くなっている。個別の要望はできるだけ聞きたいが、難しくなりすぎて時間割が組めない。
結果 『YELL(エール)』では先生・講師ごとに時間の制約を設定して、それを満たす時間割を自動作成します。 制約に優先度をつけることも可能なので、先生・講師の事情を時間割に反映することが可能になっています。

柔軟なライセンス体系だから

年払いで時間割ソフトを購入したい。
要望 学校予算が限られていて、なかなか時間割作成ソフトを購入できない。できたら資産にならない経費の範囲で時間割ソフトを使えないだろうか。
結果 『YELL(エール)』には年払いの『年間ライセンス版』も用意されています。一時に大きな予算を取らなくても時間割作成ソフトをお使いいただけます。