「桐」ロゴ
「令和」対応に関して

2019年04月08日

新しい元号は「令和」となりました。(2019年4月1日政府公表)
ここでは、新元号「令和」に関する桐の対応状況などをご案内いたします。

桐10sの対応状況

「桐10s」および「桐10s for RDS」は、ビルド番号「2425」より新元号「令和」に対応しております。
該当ビルド番号以降をご利用のお客様は、そのまま桐10sをお使いください。
※ビルド番号は、桐を起動して[ヘルプ]メニュー→[バージョン情報]で確認できます。

ビルド番号「2425」より前の「桐10s」を使用しているお客様は、以下の手順で桐を更新してください。
※更新していない場合の動作に関しては、こちら ご参照ください。

  1. 桐アカウントサービス]画面でログインします
  2. [ダウンロード]をクリックします
  3. [桐10s 更新プログラム]をクリックします
  4. あとは画面の指示に従って「桐10s 更新プログラム」をダウンロードしてから実行します

これから「桐10s」をインストールするお客様は、以下の手順で桐をインストールしてください。

  1. 桐アカウントサービス]画面でログインします
  2. [ダウンロード]をクリックします
  3. [桐10s パッケージ版]をクリックします
  4. あとは画面の指示に従って「桐10s パッケージ版」をダウンロードしてから実行し、「桐10s」をインストールします
桐10および桐9シリーズ以前の桐について

桐10および桐9シリーズ以前の桐で「年月日」を扱う際に、「和暦」を使用しているお客様は新元号「令和」はご使用になれません(「平成」のままです)。ご注意ください。
※詳しい内容は、こちら をご参照ください。

今後も引き続き「和暦」を使用する場合は、「桐10s」の導入をご検討ください。

Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。