「桐」ロゴ
桐9シリーズからの移行
データの移行について

桐9と桐10シリーズの関係
JIS第3、第4水準(およびUNICODE)に対応するためにファイルの形式を変更しました。
(ここでは、桐10シリーズで作成するファイルの形式を「桐10形式」、桐9で作成するファイルの形式を「桐9形式」と呼びます。)

桐10シリーズ/桐9において、それぞれのファイル形式は以下のような扱いになります。

表1 使用可能な組み合わせ一覧
  桐10形式のファイル 桐9形式のファイル
桐10
シリーズ
すべての機能が使用できます。 桐9形式のまま編集を含む操作を行い、保存することができます。
ただし、共有で開くことはできません。
桐9 × 使用できません。 すべての機能が使用できます。

注意点

  • 桐10用のデータフォルダーと桐9のデータフォルダーは分けてご利用ください。同じフォルダーに桐10形式のファイルと桐9形式のファイルが混在すると誤動作のもとになります。
  • 桐10形式から桐9形式への逆変換はサポートされておりません。
ライセンスについて

桐9は引き続きご利用いただけます
販売店でお求めいただけるパッケージ商品、桐プレミアムクラブで販売している『桐10s プレミアムクラブ優待版』、そのどちらも新規に桐10シリーズのライセンスを提供する商品です。
これら商品をインストールしても桐9のライセンスは失効いたしません。
ライセンスをお持ちであれば、桐10シリーズと桐9をひとつのPCにインストールして使い分けていただくことも可能です。

移行のポイント

ファイルの拡張子が変わりました
桐10シリーズと桐9の一番の違いは、ファイルの「拡張子」が変わったことです。
桐9形式のファイルは桐10シリーズには関連付けしません。
これにより、桐10シリーズと桐9は1台のPCで共存して使用することができます。

「移行ガイド」をご参照ください
移行に関しては、「桐 移行ガイド」に詳しい説明があります。
まずは「移行ガイド」をご一読ください。


桐9から桐10への移行に関するFAQ

FAQのトップへ↑

FAQのトップへ↑

FAQのトップへ↑

FAQのトップへ↑

FAQのトップへ↑

Microsoft、Windows、Excel、Office 365、Windows Serverは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。