日本語データベースシステム 桐のサイト

自分でさわるデータベース。そのためのマルチツール。

データベースとは、特定のテーマに沿ったデータを集めて管理し、容易に再利用できるようにしたもの。
住所録、現金出納帳、販売管理、成績管理、入出庫台帳、タスク管理(締め切り管理)、すべて「データベース」です。

何をデータベースとして扱うか、どんな使い方をするのか、さまざまな形があります。

桐は多種多様なデータベースをコンピューター上で実現するためのソフトウェア、データベースシステムです。
ITにくわしくない人でも自分に必要なデータベースを作って使いこなしていける、ITに詳しい人の高度な使いこなしにも応える -
お客様が「データベース」自体に集中できる環境を提供することを目的に、そのために必要なものを全部入り・ワンストップにまとめたマルチツールです。

私たちが気にしていること

「データベース」が必要な全ての人に役立つツールであること。データベースの基本機能はもちろんですが、それをどう使いやすくするかが常に私たちの課題です。
1986年のバージョン1発表以来、私たちが一貫して気にしている事は3つです。

  1. 操作性 - 人間の思考の流れに沿った機能・操作体系であること
  2. 日本語処理 - 日本語を正しく扱えること
  3. 表現力 - データを目的に沿った形で表現する能力を提供すること

非SQL型のリレーショナルデータベース機能をベースに、データベースを意識させない表計算型のUI、 自由なレイアウトができる入力フォームレポート(印刷フォーム)PostgresなどのSQL型データベースをSQLレスで操作・連携する機能処理を自動化するためのプログラミング環境を統合した日本語データベースシステム「桐」は、 17回におよぶバージョンアップ、アップデートを経て、個人のお客様、一般企業から官公庁・学校・病院などで広く利用されています。

評価版ダウンロード

桐の評価版はこちらから

Microsoft、Windows、Excel、Office 365は、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
本サイト上で記載されている製品名および商品名は、それぞれの会社の登録商標または商標です。